好きな人には好かれないのに、どうでもいい人にばかり好意を持たれて、困っていませんか?

「毎回好きじゃない人に好かれるのはなぜ?」と疑問を持つことも。

今回は、「興味ない人から好かれる」理由を3つご紹介します。

あなたじゃないんだけど…「興味ない人から好かれる」理由3つ

1.遠慮していない

好きな相手に対しては「あつかましい女だと思われたらどうしよう」なんて思って、いろいろと遠慮してしまいがちですよね。

一方、好きじゃない人には、かるーい気持ちで「ねぇ、ジュース買って!」なんて、冗談を言えることも。

言われたほうは、軽いお願いをされて、「頼られて嬉しい!」「可愛いな」と思っているかもしれません。

好きな人にも思い切って、可愛くお願いしてみてもいいかも。

2.素の自分を出している

好きじゃない人に好かれる理由のひとつが、「素の自分を出しているから」です。

逆に好きな人の前だと、好かれたいために、自分を良く見せたくなってしまいますよね。

変なことを言ってしまわないように無口になってしまうといった、あなたらしさが、全く見せられていない可能性も。

一方、どうでもいい人には、「嫌われてもいいや」という根底で話しているので、肩の力がいい感じに抜けていて、気楽に話せているはず。

すると、相手は「なんだかこの子といて楽だなー」と、あなたのことがだんだん気になる存在になって、気づくと好きになっているものです。

好きな人の前でも、肩の力を抜いて、あなたらしさを忘れないようにしましょう。

3.悩みを相談をしている

相談ごとを、男友達にしていませんか?

たとえば恋の相談を一生懸命することで、聞いているほうは、「一生懸命でいい子だな」「俺のことが好きだったらな」と、あなたに恋してしまうこともあります。

男性は、心を開いてくれていると感じたら、「俺が支えたいな」と思うもの。

もし、好きな人のことで悩んでいるようなら、本人に、ストレートに想いをぶつけてもいいかもしれませんよ。

好きな人に好かれるために

そのままのあなたでいることで、好きな人に好かれるかも。

あなたの魅力をいかして、好きな人ともっと気軽に接してみましょう。

(麻生アサ/ライター)

(愛カツ編集部)

●全方位モテはいらない!「好きな人だけ」に好かれる方法3つ