昔は仲良しだっとしても、一緒にいて幸せな気分を感じられなくなったら、別れを選択することもあるでしょう。

また、女性側の気持ちが変わらなくても、男性の心がいつの間にか離れて行ってしまったなんてこともあるかもしれません。

今回は、男性が別れを決意した彼女の行動についてご紹介します。

自分のことしか考えていない

付き合いたての頃は「何をするにも彼氏が一番」だったのに、いまや自分を最優先。

そうなってしまうと、男性は彼女からの愛情を感じられないと思ってしまうようです。

また、一緒にいる意味も分からなくなってしまいます。

ワガママや甘えも、男性が許せる範囲を超えてしまうと、「自分のことしか考えていない」という最悪のイメージを持たれてしまうかもしれません。

束縛されすぎて息が詰まる

一方で、彼のことが好きすぎるあまり、常に一緒に行動しようとするのもNGです。

彼女が一緒に過ごしたいという気持ちを伝えてくれて嬉しいと思う反面、本当に四六時中ずっと一緒にいようとしてきたら、完全に息が詰まってしまいます。

束縛されていると感じたら、逃げ出したくなる気持ちも芽生えるはず。

恋愛を長続きさせるためにも、お互いに1人の時間を大切にしましょう。

何でもかんでも否定してくる

何でもかんでも否定してくる

お付き合いをしている相手に改善してほしいところを伝えるのは、素敵なことです。

ただし、言い方には十分注意しましょう。

頭ごなしに上から目線で注意や批判をされたら、誰だってカチンとくるはず。

「こうしたらもっと良くなるんじゃない?」とやさしく言ってあげると、彼もすんなりと聞き入れてくれるでしょう。

2人の間に温度差がありすぎる

自分と彼女の思いに、あまりにも温度差があると、虚しい気持ちになってしまいます。

「自分はこんなに愛情を持っているのに」とか「こっちはこんなに楽しませようとしているのに」なんて、彼女への不満も溜まっていくかもしれません。

たとえばデート中に、自分は楽しんでいても彼女が不機嫌だと、楽しさも半減してしまいます。

「俺といてもつまらないのかな」とも思うはずです。

嬉しさや喜びは、彼に「伝わるように」表現してあげてくださいね。

ちょっとした行動が別れの引き金に

別れを考えてしまうと、すべてネガティブにとらえてしまいがちです。

そんなときは、ちょっとした行動が別れの引き金になってしまうかもしれません。

突然連絡が取れなくなったなど、悲しい別れにつながらないように、注意していきましょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)