好きな男性と「どうやったら近づけるのかな」と悩む女性もすくなくありません。

いつも笑顔でいることを心がけたり、いい女アピールしたり、イメチェンをしたりしながら、アプローチを頑張っていることでしょう。

しかし男性をドキドキさせるには、それではすこし足りないかも。

というのも、男性は女性のルックスの変化にそれほど気づかないからです。

男性をドキドキさせる本当の武器、それは「小悪魔っぽいフレーズ」なのです。

そこで今回は、男性をドキドキさせるフレーズを4つご紹介します。

ときには大胆に…♡男性がドキドキする「小悪魔っぽいフレーズ」4選

「誰のためだと思ってるの?」

「いつも心配性な女友だちがいて、母親っぽくて正直ウザかったんですよね。そこで僕が『言われなくてもわかってる』とすこし強い口調で言ったら、泣きそうな顔して『誰のためだと思ってるの?』と。自分のために心配してくれてたんだなってクラッときました」(Kさん・29歳男性/エンジニア)

自分のことを特別視してくれる人の存在は誰だって嬉しいものです。

親のように心配してくれる彼女にクラクラ……なんて、じつは甘えたな男性って多いのかもしれませんね。

「どんな子がタイプ?」

「意識もしていない女性に『どんな子がタイプ?』と聞かれると、ドキドキします。僕の心境としては、それを聞いてどうするの?と言ったところ。

女性からしたら、ただのコイバナなのかもしれませんが、男からすると僕に気があるのかなと、淡い期待をしちゃいます」(Jさん・32歳男性/経理)

どんな子がタイプかを聞いただけなのに、自分を好きになってもらえるかもしれないなんて!これは試すべきです。

「なんで?」と聞かれたら、ぜひ「秘密!」と答えたいですね。

「彼氏ほしいなあ」

「彼氏ほしいなあ」

「夏の海とかクリスマスあたりになると僕でも“誰でもいいから付き合って”と言いたくなるときがあります。
恋愛したいって思うことは悪いことではないですし、おたがいお試しで付き合うのもアリだと思うので、場合によっては“付き合う?”と言いたくなります(笑)」(Kさん・25歳男性/スポーツ講師)

女性がふと「彼氏がほしい」と思うように、男性も恋人がほしくなるときがあるようです。

意外と「彼女にして」と直談判もありかもしれませんね。

軽いノリの男性なら、この一言でとりあえず彼女の座をキープするのもアリかもしれません。

「好きだって言ったらどうする?」

「学校の帰り道に、『好きだって言ったらどうする?』と聞かれました。少女漫画を姉から借りて読んでいたので、漫画のようなシチュエーションにドキドキ。ロマンチックで、その一言だけで異性として意識しちゃいました」(Mさん・21歳男性/大学生)

ドキドキすると「これって恋?」と思ってしまう人も多いもの。

それまで意識したことがない相手でも、「俺、この子のこと好きかも」と思ってしまうものなのです。

すこし大胆に、「もし、私が好きだって言ったらどうする?」と迫ってみてはどうでしょうか?

男性をドキドキさせて恋に落とす

女性からすると男性って、恋愛にちょっと鈍感なイメージがありますよね。

しかし、意外とロマンチックな恋愛を夢見ている場合も多いものです。

ドキドキさせるフレーズを口にすることで、反応が手に取るように分かるでしょう。

男性が「可愛い!」と思うのは、必ずしも容姿だけではないのです。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)