好きという気持ちが大きくなりすぎると、冷静でいられなくなる場合がありますよね。

自分でも気づかないうちに、彼を苦しめてしまうかもしれません。

そこで今回は、男性に引かれる「NG行動」をご紹介します。

いくら好きでも…男性に引かれる「NG行動」とは

なんでもお願いを聞いてしまう

「ちょっと無理めなお願いでも、なんでも聞いてくれる女性は、都合のいい相手みたいに感じてしまうかも。強引に頼めば大体OKしてくれるので……」(31歳/男性/自営業)

好きな男性にお願い事をされたら、単純にうれしいでしょうし、叶えてあげたいという気持ちにもなるでしょう。

でも、断るべきときにはきちんと断るようにしないと、いいように利用されてしまう危険性も大。

あなたの好意に気づいたうえで、それに付け込んでこようとする男性は最も警戒すべき相手なので、いくら好きでも安易に深入りしてはいけませんよ。

彼の身の回りを調べる

「俺のスケジュールとか女性関係とかを、コソコソと調べまわっているのを知ったときは、思わずゾッとしましたね。さすがに怖すぎでしょ……」(28歳/男性/建築関係)

好きな男性のことはなんでも知りたくなってしまうものでしょうが、本当に全てを知ろうとしたら、間違いなく引かれるでしょう。

色々と詮索をされて、こと細かく調べられたりしたら、男性はなんだか得体の知れない気持ち悪さを感じるはず。

好意から取っている行動でも、なかなか男性にはそうは思ってもらえないので、仲良くなっていくことで知るようにしたほうがいいですよ。

好意を言いふらす

好意を言いふらす

「好意を持ってくれているのはうれしいけど、それを色んな人に言いふらすのはやめてほしい。変に詮索とかされるようになるので困ります」(29歳/男性/出版)

好きな男性ができたら、その気持ちが抑えられなくなって、誰かに話したくなる気持ちはわかります。

だからといって、あちこちで言いふらすようなことをすると、男性は「やめてくれよ」と困惑するはず。

とくに、同じ職場内でこういったことをすると、同僚や先輩たちから冷やかされたり、場合によっては仕事に支障をきたしたりするケースもあるので、信頼できる人以外にはベラベラと話すものではありませんよ。

なんでも我慢する

「なんでも我慢をして飲み込んでしまう女性は、男性からはあまり大事にされない気がする。それで男に遊ばれてしまっている子が友達にもいました」(29歳/男性/IT)

好きすぎるがゆえに、本当は不満に感じていることでも我慢をしてしまう。

そういったことを続けていると、どんどん男性の言いなりのような状態になっていくだけです。

ちゃんと不満をぶつけ合って改善をして、ふたりでいい関係性や絆を築いていける男性と付き合わないと、いつまでも幸せな恋愛はできないですよ。

相手の気持ちをよく考えて

「好き」という気持ちだけで突っ走ってしまうのは、ちょっと危険な場合もあるでしょう。

冷静になって客観的に状況を判断するようにしないと、素敵な恋愛は手に入れられないかもしれません。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)