いまの彼氏と「結婚したい」と思っているけど、仲のいい関係が続けられるか不安……。

とくにひとりの人と長く付き合ったことがないと、結婚後、どうやって関係を築いていったらいいのか、悩んでしまうかもしれませんね。

今回は、おじいちゃんおばあちゃんになっても、相手と仲の良いパートナーでいるための関係作りについて考えてみました。

50年後でも仲良しでいられる!パートナーとの上手な関係の作り方

ふたりの時間を作る

日頃、彼と過ごす時間はどのくらい取れていますか?

付き合いが長くなってくるほど、相手の存在が家族のようになってくると思います。

それでも相手が何を考えて、どんなことを思っているのかは、実際に顔を会わせないとわからないことも多いはず。

そのためにも、相手と過ごす時間を作ることは大事です。

最近お互いの仕事が忙しくて、なかなか会えていない……そんなカップルは、すれ違い防止のためにも意識してふたりの時間を確保しましょう。

仕事帰りに一緒にご飯を食べに行く。休日の数時間だけでも顔を会わせる。それだけでもいいと思います。

ふたりの時間を確保できないと、知らず知らずのうちに、お互いの愛情が冷え込んでしまいかねないので、注意したいですね。

相手の意見を聞く

恋愛も結婚も、相手ありきで成り立つものです。

自分の思いだけではなく、相手がどう思っているか考えなければ、「自分勝手な行動」になりかねません。

仕事のことしかり、将来のことしかり。ふたりのことは、きちんとふたりで話し合いをしたほうがいいでしょう。

そのためには、自分の気持ちを相手にしっかりと伝えることです。そして、相手の気持ちを尊重し、受け入れることも大事。

恋人の存在を蔑ろにしてはいけません。

あなたが恋人を重宝し、大事にするほど、相手もあなたの存在が特別なものに思えるはず。

お付き合いが長くなっても、「ふたりのことはふたりで決めていく」スタンスを大事にしていきましょう。

しっかりと言葉で愛情を伝える

しっかりと言葉で愛情を伝える

いくら心で思っていたところで、表現しなければ思いは相手に伝わりません。

たとえば、誕生日のプレゼントやバレンタインの手作りチョコはもちろん、仕事先でもらったお菓子を分けたり、ハグをしたり、手を繋いだりするのもいいと思います。

何かしらの形で、「あなたことを変わらずに思っている」と、相手に伝える努力を常日頃からしましょう。

お互いにそれがきちんとできていれば、ふたりの気持ちは満たされ、いつまでも仲の良い関係でいられるはずです。

長くいい関係を築くには…

生涯続く関係になるには、それなりに努力しなければいけない部分も出てくると思います。

相手がしてくれていることを当たり前と思わず、日々感謝できるといいですね。

お付き合いは、毎日の積みかさねです。

相手の気持ちを蔑ろにせず、お互いにいい関係でいられるよう、意識してみてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)