脈ありサインは人それぞれですが、脈なしサインはある程度、決まった傾向があるもの。

それはLINEにも言えることです。気持ちの伝わりにくいLINEでも、行間から脈なし感がにじむことも……。

男性が「脈なし女子」に送るLINEには、どのようなものがあるのでしょうか。

LINEがどれだけ続いても関係ない?「男の脈なしLINE」の特徴

雑談LINEに塩対応

「恋愛対象じゃない女子にも、必要な連絡はちゃんと返しますよ。でも、雑談LINEをしかけてこられるとけっこう塩対応になりがちかも……。
『はい』『そうだね』の一言だけのレスとか、適当なスタンプを返すので精一杯」(25歳男性/教員)

脈なしの相手だからと、返信を遅らせたり、そもそも返信しないという男性は少数派。

必要なことに対してなら、脈なしの女子にも丁寧な対応をすることもあります。

温度差が出るのは、雑談LINEになったとき。

男性は用のないLINEが苦手な人も少なくありません。

それでも脈あり女子に対しては頑張って返しますが、脈なし女子にはそこまで頑張れないそう。

雑談LINEに、超短文やスタンプ1個の返事が続くなら、それは脈なしの証です。

LINEは続けてもデートはしない

「恋愛対象としては興味がないけど、面白い子や会話のテンポが合ってLINEが続いちゃう人もいますよ。でも、デートしたいかって聞かれれば、そうじゃないんですよね……。

好きな子が相手だったら、そんなにLINEが続くなら会って話そう!ってデートに誘います。盛りあがっても誘わないのは、女としては興味ないから、ですね」(27歳男性/経理)

好きな彼とLINEで話がはずんで、なんだかんだ毎日LINEしてるかも……。

いかにも脈ありサインに見えますが、彼が一向にデートに誘ってこないなら、むしろ脈なしサインなんです!

男性はLINEのやり取りで仲が深まると思っていないので、好きな人には直接会おうする傾向があります。

親しく話せる間柄なのに2人で会おうとしないなら、それは脈なしサイン。

重い空気に彼らは敏感なので、女子から距離を詰めようとすると返信がこなくなることもあります(泣)。

早い時間の「おやすみ」

早い時間の「おやすみ」

「興味のない女子にも返信はするけど、一度返信すると何度もLINEしてくる子もいますよね。嫌なやつだと思われたくないから返信はするけど、会話はしたくないというか、LINEでチマチマ時間をとられるのはちょっと……。
なので、そういう子には21時とかでも『おやすみ』って書いちゃいます。そしたらもう返信してこないでしょ」(26歳男性/販売)

脈なしの女子には、ダラダラLINEを続けなくてもいいように、先手を打つ男性も。

最低限の返信を「おやすみ」など、それ以上追撃できないようなあいさつで締め、それ以降の返信はスルーするようです。

とにかく「LINEを続けたくない!」という強い気持ちが行間から見えてしまいそうです。

3日以上返信なし

「好きな子が相手でも、LINEは最優先じゃないから、返信まで半日くらいかかることは普通にあります。でも、好きならさすがに24時間以内には返します。
興味のない女子が相手だと、見るだけ見るけど『返さなきゃなー』と思ってる間に3日くらい経ってることも……」(30歳男性/教員)

「脈なし女子への返信は、そもそも忘れがち」なんて声も。

返信の早さは好意と比例しませんが、返信までに数日かかるのはさすがに脈なしだと言う男性も少なくありません。

1日以上おいて追撃LINEをして、それでもすぐに返信がこない場合は、いったん「脈なし」と判断したほうが良いでしょう。

人として対応はするけど…

興味のない女子にも「返信はする」と言う男性がほとんどですが、「会話を打ち切りたがる」「会う約束に発展しない」のは脈なしサイン。

そこで女子からLINEでさらに距離を縮めようとすると、さらに気持ちが離れてしまうことも……。

LINEに脈なし感がにじんでいるなら、複数人でもよいので直接会う機会を待ったほうが、恋が進展する確率は高いはずですよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)