せっかく付き合えたなら、いつまでもラブラブでいたいもの。

しかし「長続きしたい」と思っているのに、やむなく別れてしまうカップルが少なくありません。

いったい何が原因で別れてしまうのでしょうか。

本記事ではすぐに破局するカップルの共通点をまとめてみました。悲しい別れを防ぐためのヒントにしましょう。

続かないのはどうして…?すぐ破局するカップルの共通点

愛情を確かめ合わないと不安

「何度も『私のこと本当に好き?』って聞かれて、信頼されていない感じがしました。こんなに好きなのに、なんで疑うんだろう……」(20代/美容師)

愛情表現が多いのはいいこと。

しかし、自分の漠然とした不安を埋めるためだけに愛情を確かめてばかりいると、相手に「信じてくれてないんだ」と思われてしまうこともあるでしょう。

「愛してるって言って?」「本当に好き?」と聞く背景には、「自分は愛される人間じゃない」という自己否定が隠れているのかも。

ラブラブな雰囲気を楽しむための愛情表現は良いと思いますが、マイナスな気持ちが強い場合は、少しだけ冷静になりましょう。

ケンカで相手を傷つける

「ケンカしたときに、彼女が別人みたいだったんです。泣くし叫ぶし嫌味ばかりだし……無視されるのも辛いですよね」(30代/不動産)

どんな理由があったとしても、一度相手を傷つけるとずっと傷がのこります。

ふだんは大丈夫でも「つい怒って相手を否定しちゃった」というケースが多いみたい。

平常時とのギャップが激しいほど相手は裏切られたような気分になり、どんどん彼女を信じられなくなります。

また、こちらの男性が話しているように「無視」も深く傷つくようです。

激しい怒りは「こうなってほしい」「これが正しい」などの相手への期待によって湧きおこります。

他人は基本的に思ったように動いてくれないので、期待すれば自分自身も疲れることに。

自分と他人を上手に線引きできると楽になりますよ。

連絡・デートの頻度が多すぎる

連絡・デートの頻度が多すぎる

「最初は即レスでLINEし続けて、毎日会いに行っていました。でも、ふとしたときに冷めちゃって。彼女の愛情が『重い』と感じたんです」(20代/建築)

ラブラブなカップルは連絡頻度が高かったり、こちらの男性のように毎日会うことさえありますよね。

もちろん、そのままのペースで恋愛を続けて「結婚後もラブラブ」なんてカップルもいます。

しかし、多くの場合は一気に冷める瞬間があるみたい。

プライベートの時間をけずってまで依存的に相手を求めると、倦怠期に入ったときにギャップが激しくなります。

また相手への期待が高まったり、盲目になりやすいデメリットもあるんです。辛くない程度にセーブをかけてみましょう。

勢いで付き合ってしまった

「失恋したての彼女に、僕からアプローチして付き合いました。でも、結局はあっさり冷めてフラれちゃいましたね」(20代/教育)

深く考えずに勢いで付き合ってしまうと、のちのち後悔しやすくなります。

「さびしいから恋人を探した」「その場の流れですぐ付き合った」なんて場合はとくに要注意。

付き合うまでの期間はドキドキして楽しいですが、違和感に気付いたときにメンタルが沈みやすいです。

長続きをのぞむ場合は、相手との内面の相性を見極めたうえで交際するか決めましょう。

また相手が衝動的になっていると、同様に別れやすくなります。男性側の心理状態にも目を向けるといいですよ。

早めに別れを回避しよう!

実際に別れに直面すると「どうして?」と焦ってしまいがち。

しかし原因の言動を意識的に減らせば、あらかじめ別れを回避することも可能です。

また、相手の本質は付き合ってからでないと分かりにくいものなので、「別れた=ダメな恋愛をした」とはかぎりません。

思い当たる原因があった場合は、次の恋愛を成就させるために経験として活かしましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)