「気になっていた彼に告白したら断られた」「付き合っていた彼に振られた」など、どんな形であっても失恋はつらいものです。

気持ちが落ち込み、何も手につかなくなる女性も少なくないのでは?

そんな悲しみから立ち直る方法を、星座別に占いました。

失恋したときの傾向や立ち直る方法を押さえていれば、少しは心も楽になるはず。

前編では、おひつじ座からおとめ座までをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【前編】星座別・失恋から立ち直る方法とは?

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

おひつじ座の女性は、強気でサバサバした一面がある一方で、傷つきやすく、深く落ち込む傾向があります。

一度落ち込んでしまうと、周りの慰めやフォローの声が耳に入りません。

自分に自信を無くしたり、魅力がないと思い込み、どんどん心を閉ざしていってしまうことも。

そんなおひつじ座の女性は、悲しみを我慢せず出し切ることが大事。

思いっきり泣いて、胸のモヤモヤを全部出し切れば、スッキリして前を向けるようになるはずですよ。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

おうし座の女性は、失恋すると「私はどうせこんな恋しかできない」と自分を過小評価する傾向があります。

そして、飲んで騒いで悲しみを忘れることができないタイプ。

ネガティブな感情が襲ってきたときは、好きなものを食べたり、マッサージに行ったり、自分をいたわってあげてください。

徐々に心が落ち着いていくはずです。

グルメやファッションなど、身の回りのことに興味が湧きはじめたら回復の兆し。

落ち込んだときこそ、自分を大切にしてあげましょう!

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

ふたご座の女性は、前向きな言葉を発していることで元気を取り戻すタイプ。

「私には、もっと素敵な彼がいる!」と、言葉にすることが大事です。

失恋した悲しみを、一人で泣いて癒すなんて似合いません。

友達を集めてカラオケで大騒ぎしたり、彼の愚痴を聞いてもらったり。

強気で前向きな言葉を発していると、本当に彼のことが吹っ切れていくことでしょう。

悲しみに暮れているよりも、ずっと早く新しい恋に進めますよ!

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

かに座の女性には繊細で傷つきやすい方が多く、一度落ち込むと、回復まで時間がかかる傾向があります。

元気なふりをしていても、その悲しみが癒えることはありません。

失恋の悲しみや悔しさは、ごまかさずにしっかり向き合ってください。

心を許せる友達や家族に話を聞いてもらったり、心の落ち着く場所でぼーっとしたりするのがおすすめ。

無理をしないで、ゆっくり心を回復させましょう。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

しし座の女性には、自信があって堂々としている方が多いです。

失恋したときは、自分の価値を高める活動をすることで元気を取り戻す傾向があります。

仕事に打ち込み結果を出したり、趣味に打ち込み日々を充実させたり。

ほかにも、ショッピングに行ったりや美味しいものを食べたりしても気持ちが整うでしょう。

心と体を満たしてあげることが、立ち直る近道ですよ!

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

おとめ座の女性は、真面目で理性が強いタイプ。

「失恋しても仕事はしっかりやらないと」「悲しんでばかりいてはダメ」と自分に厳しくしてしまう傾向があります。

感情のおもむくまま、奔放に振る舞うことは苦手でしょう。

しかし落ち込んだときはペースダウンしてもいいし、友人に泣きついて愚痴を言ったっていいんです。

だめな自分も許してあげてください。自然と悲しみが癒えていくはずです。

自分に合った対処法で元気を取り戻そう!

人に話すことで元気になる人もいれば、ひたすら一人で泣くことで癒される人もいます。

自分に合った対処法を理解しておけば、立ち直るまでの期間も楽に過ごせるはずです。

失恋はつらいものですが、乗り越えればまた新しい自分に出会えますよ!

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)