毎日遅くまで仕事を頑張っている好きな人へ、何かはげみになるような言葉をかけてあげたい――。

そんなときもあるのではないでしょうか。

言葉がけひとつで、好きな人と関係が進展することもあると思います。

今回は、男性の仕事疲れが思わず吹き飛んでしまう、言葉がけの仕方についてまとめてみました。

ぜひ彼とのコミュニケーションの参考にしてみてくださいね。

男性の仕事疲れが思わず吹き飛ぶ「言葉がけの仕方」3つ

1.労いの言葉

好きな人が夜遅くや、休日も仕事に追われて疲れているときは、労いの言葉を積極的にかけてあげたいですよね。

たとえば、「いつも遅くまでご苦労様」「休日も仕事していて大変だね」など。

相手が苦労していそうなことにさり気なく触れつつ、労いの言葉をかけてあげましょう。

「自分の苦労を分かってくれている」と感じると、男性はあなたに心を許すだけでなく、もっと愛情が芽生えるはず。

まずは、相手の仕事について話を聞きながら、お互いに仕事の苦労を共有してみてはいかがでしょうか。

相手の生活リズムや仕事の悩みなどが分かれば、かける労いの言葉も見つけやすくなりますよ。

2.仕事ぶりをほめる

本気で好きになった人には、仕事の面でもステキに見えるのではないでしょうか。

あなたの目から見て、「すごいな」「ステキだな」と思うことがあれば、ぜひ言葉にして伝えてあげましょう。

たとえば、「さすがプロだね」「才能があってうらやましいな」など、彼の仕事ぶりをほめてあげるなど。

いっけん、普通に見えることも、彼のことを天才として持ち上げる勢いで、ほめるのです。

とくに自分に自信がなかったり、仕事でいつもグッタリしていたりする男性は、「すごい!」とほめられることで、応援してくれるあなたに好意を抱きやすくなるでしょう。

彼自身も「今日も仕事頑張ってみようかな」という気持ちになりやすいと思います。

3.アドバイスをもらう

アドバイスをもらう

彼が仕事で得意そうなことがあれば、教えを乞うような感じで、彼を頼りにしてみてもいいかもしれません。

「〇〇さん、〇〇得意?」「困ったら当てにさせて~」など、彼にうまく甘えてみましょう。

大事なのは彼に能力があると踏んで、頼りにすること。

彼の得意分野でなくても、あなたの期待に応えようと一生懸命になってくれたり、あなたの言葉がけによって「もっと頑張ろう」と前向きになったりするかもしれません。

彼を頼りつつ、積極的にコミュニケーションを取ることで、彼はうれしさを感じて、いい気分転換ができるのではないでしょうか。

お疲れの彼を癒やして急接近

仕事で疲れている彼をはげましたい。仕事で忙しい彼にアプローチしたい。

そんなときには、こんなニュアンスで言葉をかけてあげてはいかがでしょうか。

言葉がけひとつで、彼との距離が急接近するかもしれませんよ。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)