過ごしやすい季節になり、外で過ごすデートを考える人も多いのではないでしょうか?

楽しい屋外デートは、屋内デートと違った注意すべきポイントがあるみたい。気をつけないと「この子マジか……。」と幻滅させてしまうかも。

今回は、男性が屋外デートでショックを受けたエピソードを聞いてみました。

うわぁこの子マジか…。男性が屋外デートで「ショックを受けた」瞬間とは?

昼間に会ったら、メイクが濃くてびっくり!

「合コンでかわいいなと思った子を、ドライブデートに誘いました。昼間に会ったらメイクが濃くてびっくり。

バーではきれいだなと思った目元も、日光の下ではギラギラ。ナチュラルメイクの女性がまぶしく見えました」(28歳/営業職)

デートで可愛く思われたい気持ちはわかりますが、盛りすぎるとびっくりさせてしまうかもしれません。

とくに、美しく光るラメや濃いめのメイクは、バーなどにある間接照明では綺麗に映えてくれますが、太陽の日差しの下では派手さを感じさせてしまう可能性があります。

ファンデーションの厚塗りも、屋外では悪目立ちしてしまうことも。

ナチュラルメイクに切り替えることで、屋内デートとはまた違った魅力を引き出すことができ、ギャップ萌えを狙えるはずです。

メイクやファッションはシーンを考えて選べると良いですね!

徹底されたUV対策に引いちゃった

「気になる彼女とピクニック。しかし、彼女の姿にビックリ!つばが長い帽子にサングラス、長いアームカバーと芝生に座れば足元にひざ掛け。

UV対策なのか全身黒コーデで、魔女なの?と思いました」(33歳/IT関連)

やっぱり屋外デートとなると、UV対策をしたくなる気持ちはわかります。

でも、過度なUV対策は彼に「屋内のデートの方がよかったかな?」「誘って申し訳なかったな」と思わせてしまうことも。

デート前に日焼け止めを塗っておく、UVカット機能のあるカーディガンを羽織る、など最低限の対策でデートに向かいましょう♡

気合いの入れすぎでトラブルに

「テーマパークデートなのに彼女はピンヒールで登場。そして足が痛いからと少し歩いてすぐに休憩。

歩くことは事前に分かっているハズなんだから、もう場をわきまえたコーデをしてほしかった」(23歳/大学院生)

少しでも可愛く見られたいと思い、気合いを入れてデートに着て行く服を決めると思いますが、TPOをわきまえると良いですね。

とくに履き慣れていない靴は、靴擦れを起こしてしまい、彼に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

必ずしもヒールがNGというわけではなく、長時間歩くとわかっているなら、履き慣れているものを身に着けた方があなたも辛くないでしょう。

デートを脳内シュミレーションして、トラブルに繋がらないようなコーディネートができると彼からも好印象を持ってもらえそうです。

屋外デートをする時は要注意!

1回目は食事を軽くする屋内デートで、2回目以降に昼間の屋外デートを計画するパターンが多いと思います。

「最初の印象は良かったんだけど」なんて思われないように、屋外デート特有の注意点をしっかり頭に入れておきましょう!

屋外デートは、夜のデートや屋内のデートとは少し違って、健康的なイメージが好まれる傾向にあります。

アクティビティに合わせて、ヘルシーなメイクやコーデを心がけて、好印象を狙いましょう♡

(愛カツ編集部)