多くの場合、男性にとってLINEや電話は単なる連絡手段としてしか捉えていないよう。

それでもそんな男性が、「連絡してみようかな」と思うのはどんな女性なのでしょうか?

今回は、男性が「LINEしたいな」と感じる女性の言動を3つご紹介します。

男性が「LINEしたいな」と感じる女性の言動3つ

LINEがさっぱりしている

男性の多くは、LINEでダラダラ連絡を取るのが苦手。

会話が終われば、当然ながらやりとりを終えようとします。

でも、「わかった」「ありがとう」などと送って「もう終わり」と思っているのに、次々にスタンプが来たり、新しい会話がはじまったりして、なかなか終わらない……。

すると次に送るときに、「また長くなるのかな……」とためらってしまいがち。

彼が既読無視していても放っておいてくれたり、スタンプで「じゃあね!」のように終わらせてくれたりする子だと、次も送りやすくなるみたいですよ。

「いつでも連絡してくださいね」

ちょっとした一言ですが、この一言を言われているのとそうでないのでは大違いのようです。

男性がスマホを手に取って、連絡する相手の顔を思い浮かべるとします。

そんなとき、「いつでも」というセリフがセットになって思い出されたら、「いつでもって言ってたし」と連絡のハードルが下がるんだとか。

また「いつでも」と言われると、男性にとっては連絡したいのが自分だけではなく、相手も同じ気持ちだと思えるため、連絡しやすくなるのかもしれません。

すぐに返信が来る

男性はLINEで遊ぶのは苦手ですが、なんとなくヒマでだれかに連絡したいときもあるみたい。

そのときに選ぶのは、「いつも返信の早い子」なんだとか。

彼がメッセージを送っても、何時間も反応がない状態だと、彼は別の子に連絡したほうがいいのか、待っていたほうがいいのか困ってしまいますよね。

とはいえ、四六時中彼の対応をしなさいという意味ではありません。

忙しいときは当然対応できないこともありますが、スタンプだけでも送り返すようにしてみてはいかがでしょう。

連絡した内容を周りに言わない

男性に聞いてみたところ、意外と多かったのがこちらの意見でした。

「連絡した内容や、連絡したことを周りにべらべら話さない子に送りたい」

業務連絡のような内容ならいいですが、男性にとっては、「あなただから話した」という内容もあったはず。

それを周りに話されてしまうと、秘密をバラされたみたいでイヤな気分になるようです。

また「こそこそ連絡とってる」なんて思われるのもいい気はしないよう。

連絡はあくまでもこっそりと。

ふたりで秘密を共有していること自体を楽しんでみては?

「送りやすいな」と思われる言動を

男性は男性なりに、女性のLINEやメールのノリがわからずに、送るのをためらっている人が多いよう。

そんななかで「送りやすいな」と思える女性がいれば、なんらかの連絡をしたくなるのも当然ではないかと思います。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)