男性から好意を持ってもらうためには、いろいろなアプローチをすることが重要です。

元気な様子を出す、お姉さん感を出すなど、人によってその方法は違うでしょう。

そこで、ぜひ試していただきたいのが「あざとさ」をアプローチすること。

抵抗がある人は少なくないかもしれませんが、あざとい女性って案外モテるのです。

そんなあざとい女性の特徴を、今回は紹介します。

すぐに真似できる!男性からモテる、あざとい女性の特徴とは

上手にボディタッチをする

ボディタッチをする女性を見て、「あざとい」と感じる男性もいます。

ですがそう言っても結局、ボディタッチをしてきた女性のことを意識している男性が多いのも事実です。

モテるために行うボディタッチに対して「わざとやってもバレるから意味がない」というように書いている恋愛指南書やコラムもあります。ですが男性は心のどこかで「わざとかもしれない」と気づいていても、その子のことを結局は意識してしまうものでしょう。

「ボディタッチするってことは俺のこと好きなのかな?」と勝手に恋心を抱いたりするんです。

まったく触れないよりは、会話をしながらサラッと二の腕に触れるようなさりげないボディタッチをしたほうがモテるでしょう。

ずーっとベタベタ触るのはよい印象を与えませんが、サラッと数回程度なら効果的ですよ。

ぶりっ子感を少し出す

女性からしたら女性のぶりっ子ってムカついてしまうかもしれませんが、男性って意外にぶりっ子を見抜けない人もいますよね。

むしろぶりっ子だと薄々気づいても、そのぶりっ子する仕草すらかわいいと思ってしまうかも。

サバサバしたクール系女性がカッコよくてモテるという意見も、たしかにあります。実際に根の部分がサバサバしている人だと、大事なときに落ち着いてクールな対応をしたり恋人ともさっぱり付き合えたりと、男性から素敵だと思われる要素があるでしょう。

でも常にクールな雰囲気を漂わせていると、男性としては近寄り難いもの。

それよりも多少あざとくてもぶりっ子のほうが愛嬌があってかわいいし、親近感も湧くので話しやすいと思ってもらえるのです。

物静かな様子を出す

物静かな様子を出す

よく「明るくポジティブ女性がモテる」とも言われます。確かに明るくポジティブな女性って、愚痴ばかりの子や被害妄想が激しい子などよりも魅力的に思われるでしょう

ただ、なかには「私って悩みごとないからさー」と、ポジティブアピールする子もいますよね。

そこまで言ってしまうと、逆に「違和感しかない」と感じられてしまう場合も。

どんな人間だって気分が落ち込むことはあるし、イライラすることだってあるはず。

常に明るくてポジティブな人って、頭のなかでは何を考えているのかが分からないと思われがち。

変にポジティブを演じるくらいなら、物静かな様子を出すほうが人間味があるし、そういう子のほうが男性は守ってあげたくなるようです。

人にもよりますが男性とは、心のどこかにヒーロー願望があるもの。

常に明るくポジティブな子よりもちょっと静かな女性に対して、「俺がなんとかしてあげなきゃ」「守ってあげたい」と思うことが多いのです。

また彼と仲良くなったら、彼にだけちょっとだけ不幸話を打ち明けるのも手でしょう。

ですがなかには知り合って早々、過去の不幸話をする女性いますよね。

男性から同情してもらいたいと考えているのかもしれませんが、知り合って早々だと逆に引かれてしまうかも。

重めの話は、付き合ってから打ち明けるくらいがちょうどいいでしょう。

ちょっとくらい計算したっていい

叶えられるようなちょっとしたわがままを言ってくる女性も、男性からすると案外かわいいもの。

叶えられないわがままは重いのですが、叶えられる範囲のわがままなら「俺はこの子のわがままを叶えてあげられる」「俺って必要とされている」と男性の自尊心が高まることもあります。

叶えてあげたときに笑顔で「ありがとう!」なんて言われるのも、男性からしたら嬉しいのでしょう。

ちょっとくらい計算することは、ふたりの関係をつくるのに重要かもしれません。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)