世の中には、短命な恋を繰り返す人が存在します。

そんな男性を恋人に選んでしまったら、恋の結末は分かり切っているもの。

今回は、お付き合いを始めても長続きしない男性の特徴について詳しくご紹介します。

彼女にほとんど興味を持っていない

男性のなかには、彼女のことが好きだけれども、相手の仕事や趣味にまったく関心がないという人います。

このタイプの男性は彼女に文句をあまり言わない分、求めるものも希薄で張り合いがありません。

あまりにも関心がなさすぎると、誕生日や大事な記念日すら忘れてしまうので、腹立たしさを通り越して呆れてしまうはず。

「なんでこんな人と付き合っているんだろう?」と疑問に思うかもしれません。

長続きするお付き合いをしたいなら、自分に興味を持ってくれる人を選ぶようにしましょう。

メンタルが安定しない

仕事でミスをすると会話ができないほど落ち込み、家に引きこもってしまう。

こんなふうに、打たれ弱い男性との恋愛関係は、一度のケンカで自然消滅してしまう可能性もあります。

ひたすらふさぎ込んで話し合いに応じない場合、中途半端な状態でフェードアウトすることも少なくありません。

しかし、繊細な性格の持ち主は、気遣いができて思いやりの深い一面があります。

彼のメンタルを安定させることができれば、上手にお付き合いを続けていけるはずですよ。

こだわりが強く、頑固すぎる

こだわりが強く、頑固すぎる

意志が強いと男らしいと感じるかもしれませんが、あまりにも頑固すぎるとケンカが絶えないかもしれません。

順調な交際を続けるためには、お互いの価値観のすり合わせが必要です。

そのため、協調性に欠ける男性とのお付き合いは、長続きしないでしょう。

どんなに頭が良くても社会的実績があっても、人の意見に耳を傾けない、小さなことも譲らない、自分の考えを他人に押し付ける男性には要注意。

「本当は違うんだけど……」「私ばかり我慢している」

交際期間が長くなるほど、そんな不満が募ってくるかもしれません。

長続きするタイプは?

交際が長続きする男性を選びたいなら、次のようなタイプがおすすめです。

・協調性があり柔軟

・メンタルが安定している

・多角的に興味を持ってくれる

また、2人で新しい趣味を始めたり、一緒に同じ分野を勉強したりするなど、同じ視点を持てるカップルは長続きするとも言われます。

「何でも一緒。いつでも一緒」を嫌う男性は多いが、いつまでもラブラブでいるためには、一緒に盛り上がれる話題を作りましょう。

外見の良さや直感に惑わされず、内面までじっくり見て長続きする男性を選ぶことが大切ですよ。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)