家に1人でいるとき、気になる男性にLINEを送りたくなることも多いでしょう。

仲良くなりたいのにイマイチ会話が続かなかったり、既読スルーされてしまったりしていませんか?

そのような場合は、「もうLINE送らないで」と男性に思われている可能性もあります。

無意識に男性の元気を奪うLINEを送ってしまうと、連絡が途絶えかねません。

そこで今回は、男性の元気を奪うNGなLINEについて紹介していきます。

否定的な意見が多い

気になる彼にLINEをしたものの否定的な意見を言ってしまうと、男性は「なんか怖い女性だな」といった印象がついてしまいます。

「〇〇はだめだよね」「〇〇はできないからやめたほうがいい」など、否定的な意見は男性の元気を奪ってしまいかねません。

どうせLINEを送るなら、楽しい話題で楽しみましょう

批判的な意見をLINEで好きな男性に送るのは、恋愛においてはメリットはほとんどありません。

お互いがLINEをしていて盛り上がるような、楽しい話題を選んでくださいね。

暗い話題が多い

日々のニュースや仕事の悩みなど、誰でも暗い気持ちになることはあるでしょう。

しかし、その気持ちを男性にぶつけてしまうと、相手も暗い気持ちにさせてしまいます。

好きな男性と不安を分かち合いたいという気持ちは分かるのですが、あまりにもネガティブな話題はなるべく避けましょう。

暗い内容のLINEばかりをしていると、彼は無意識に「あなたからLINEが来る=不安な話題」と感じてしまいかねません。

この状態が続くと、男性からのLINEは無くなってしまうでしょう。

押し付けがましい

押し付けがましい

押し付けがましいLINEも、あまり好まれません。

「〇〇してあげようか?」「今度〇〇やってあげるね!」といった、頼んでもないのに勝手に動かれるのは、男性からするとありがた迷惑です。

男性の中には、女性にグイグイ来られるのが苦手な人も少なくありません。

積極的に行動するのも良いですが、謙虚さも忘れないようにしたいですね。

自己中心的なLINEはNG!

ここで挙げたような内容のLINEは、すでに仲の良い場合はほとんど当てはまりません。

しかし、これから関係を深めていったり、知り合ったばかりの男性の場合は別のようです。

いつか付き合いたいと思っている男性に対しては、LINEの内容に気をつけてみてくださいね。

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)