「脈あり」と聞くと、分かりやすいアプローチを想像しがち。

ところが、好きな女性を意識しすぎるあまり、空回ってしまう男性も少なくないようです。

そこで本記事では、男性が本命女性だけに見せる「特徴的な態度」を5つご紹介。

身近に当てはまる男性がいないか振り返ってみましょう。

意識しすぎてつい…男性が本命女性だけに見せる特徴的な態度

真顔でカチカチになる

好きな女性を目の前にすると、話すことに精一杯で、笑顔を作る余裕がなくなることがあります。

また、言葉もチグハグでぎこちなく、思うように会話を繋げられません。

女性からすると「なにを考えているか分からない」「なんとなく気まずい」といった印象。

恋愛慣れしていない男性ほど、純粋な恋愛感情が抑えきれず、カチカチになってしまいやすいんです。

背景にピュアな愛情があるとわかると嬉しいですよね。

冗談が言えなくなる

好きな女性を目の前にすると、プレッシャーから気の利いた冗談が言えなくなることも。

「いい天気ですね」などの無難な真面目すぎる受け答えが増え、味気ない会話になります。

恋愛するときには相手を異性として意識しすぎず、友達くらいの感覚で話すとベター。

おそらく彼はこうしたテクニックを知らず、「恋愛ってどうすればいいの?」と困惑しているのでかもしれません。

とにかく好きな女性から好印象を得たくて、失敗のない話題ばかり振ってしまうのでしょう。

目を合わせてくれない

目を合わせてくれない

好きすぎると相手を直視できず、目をそらしてしまいがち。

たまにチラッと目を合わせても、すぐにそっぽを向いてソワソワとするでしょう。

もしかすると、頭のなかで何度も「好き」「会いたい」と妄想し続けたからこそ、いざ目が合うと戸惑うのかも。

また、シャイな男性は目線が定まらず、会話中にキョロキョロとしてしまう傾向があります。

こうした場合でも、たまに目を合わせてニコッとしてくれるなら、脈ありの可能性があるといえますよ。

LINEではテンションが高い

対面が苦手な男性にとって、LINEは本来のテンションを発揮できる瞬間。好きな気持ちが強いと、別人のように明るくなることもあります。

直接会ったときに無口だとしても、定期的に彼からLINEを送ってくれるなら、脈ありなのかもしれません。

とはいえ、実際にデートでコミュニケーションを取らないと進展しませんよね。

LINEでの女性の反応が良いと、男性側はちょっとずつ自信が湧くかもしれません。

そのため、ポジティブなリアクションを意識しましょう。

また、思い切ってLINEのなかで「今度食事に行かない?」とサクッと誘うと、彼目線では大助かりです。

わざと意地悪を言ったり避ける

人には「好き避け」という心理があります。好きな気持ちをセーブすると、反動で真逆の行動を取ってしまうのです。

これは反射的なものなので、コントロールが難しいようです。

好き避けされた側からするとショックですが、必ずしも脈なしとは限らないので落ち込まないでくださいね。

そもそも、女性にわざわざ意地悪を言ったり避けるのは、相手のことを意識しているサインです。

彼自身が自分の恋愛感情を受け入れきれておらず、あまのじゃくな対応に出てしまっているだけ。

ただし、悪口やイジメのようなものは我慢しなくてOKなので、毅然とした態度で接しましょう。

シャイな男性の心理を見抜こう

素直に愛情表現やアプローチができる器用な男性がいれば、思うように表現できない不器用な男性もいます。

そのため、分かりやすい表現だけが脈ありとは限りません。

また、特徴的な行動に出る男性の多くは、恋愛経験が極端に少なかったり、人前で緊張しすぎるシャイな性質を持っています。

ちょっとずつ慣れることで彼本来の魅力を出せることも。

相手が奥手っぽい場合は時間をかけて、ゆっくりと向き合ってみましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)