大好きな彼氏とは、付き合っているときはもちろん、結婚したあともずっと仲良くしていたいもの。

そのためにはしっかりと愛情表現をすることが重要。とくにスキンシップの頻度が多いと、相手もあなたからの愛情を感じてくれやすいです。

そこで今回は「彼氏とスキンシップを増やす秘訣」を紹介します。

次のページから、詳しく見ていきましょう。

愛され度爆上がり!彼氏とのスキンシップを増やす秘訣

彼の好きなスキンシップを知ること

ハグより手をつなぐのが好き、抱き合うよりも後ろから抱きつかれるほうがいいなど、彼の好きなスキンシップのタイプを探ってみるのは重要なことです。

男性によって好みはバラバラですので、直接聞いてみるのもいいかも。

聞くときは実際にやりながら「こっちとこっちだと、どっちが好き?」と聞いてみると、その場でスキンシップもできて一石二鳥でしょう。

男性は意外と「〇〇がしてほしい」とは恥ずかしくて言えないよう。「言って引かれたらどうしよう……」という不安があるようです。

なので、ここはあなたのほうから彼の好みを引き出してあげましょう。

さりげなくさわる頻度を増やすこと

多くの男性にとって「女性にさわる」というのは、勇気がいる行動。

彼女でなければ即セクハラや痴漢になってしまうので、「女性に気やすくふれてはいけない」と強く思いこんでいる男性もいます。

とはいえ、女性から「さわっていいよ」というのも恥ずかしいですよね。

これまではほとんどスキンシップをしていなかったのに、急にベタベタするのも不自然……。いきなり0から100にするのは、なかなか難しいものです。

そこでまずは、肩に触れる、そっと寄り添うなど、さりげなく「触れる」頻度を増やしてみてください。

きっと彼も「それくらいならいいのか」と思ってくれるはずです。

激しいスキンシップを10回に1回するよりも、ちょっとした触れ合いを毎回するほうが、心理的なハードルが下がります。

まずはスキンシップの質ではなく「頻度」を高めることを意識してみてください。

相手からのスキンシップを喜ぶこと

相手からのスキンシップを喜ぶこと

男性が女性にさわらなくなる理由のひとつに、「拒否されたらどうしよう」という不安を感じていることが挙げられます。

女性は冗談のつもりでも、「さわらないで!」と実際に言われると男性はやはり傷つくのです。

スキンシップを増やしたいのなら、彼からふれられたときに素直によろこびましょう。

にっこり笑ったり言葉で「うれしい」と伝えたりして、「あなたとのスキンシップの時間が大切」だと理解してもらうことが大切です。

たとえケンカ中でも体調が悪くても、「やめてよ!」と強い口調で拒否するのはNG。

もし言ってしまったら、きちんとフォローをしておきましょう。

ふたりの仲を、もっと深めて

スキンシップは安心感やリラックスをもたらす効果があります。

彼とふれ合っている時間って、とても幸せですよね。

彼とのスキンシップを増やして、もっとふたりの仲を深めてみてください。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)