いくら言葉や態度で表してくれなくても、好きならそれでいい……

そう思える人は、あまり多くないのではないでしょうか。

そこで今回は、男性の星座をもとに「うわべだけ」な男性を占いました。対処法も併せてご紹介いたします。

さて、あなたの気になる人や恋人は、ランクインしているでしょうか……?

星座で占う「うわべだけ」な男性ランキングワースト5

5位/てんびん座(9/23~10/23)

【満たされていると…】

てんびん座の男性は、付き合ってからは彼女の扱いが少々雑になりがち。

てんびん座はもともと「愛を求める」星。

満たされていないときは一生懸命ですが、愛が満たされていると安心して、気が緩むのです。

自分磨きはおろそかにしないように注意しつつ、彼を「満たしすぎない」ようにしておかないと、やがて離れられてしまうかも……!

4位/おとめ座(8/23~9/22)

【愛=厳しさと考えがち】

おとめ座の男性には、几帳面で完璧主義な傾向があります。

そのため、自分が選んだ恋人には優しくするのですが、愛する彼女だからこそ厳しいアドバイスもしたいのでしょう。

場合によっては、どうしても厳しく感じられることがあるかもしれません。

「優しくない!」と怒るのではなく、丁寧に「こういうところが嫌」と話し合えるようになると、次第に変化がみられるはずです。

3位/みずがめ座(1/20~2/18)

3位/みずがめ座(1/20~2/18)

【優しいけれど、とにかく淡泊】

個人の考えを大切にする傾向が強い、みずがめ座の男性。

たとえ付き合っている相手だとしても、それぞれやりたいことをするといい、と考えるようです。

普段は優しくしてくれますが、ちょっと淡泊な感じが否めないかもしれません。

基本的には「そっけない感じがする」のは、みずがめ座の男性の特徴なのです。

もしどうしても寂しい場合には、正直に打ち明けて話し合ってみましょう。

2位/ふたご座(5/21~6/21)

【やめられない、プレイボーイ】

ふたご座の男性は、付き合う相手にはとてもやさしくしてくれることが多いもの。

しかし、その優しさは他の女性にも同じように向けられます。

それだけに、どうしても好意を持つ女性が絶えないことも……。

恋人から「やめてほしい」と言われても、根っからの「優しい人」なので、なかなか難しいこともあるようです。

しかし、しっかりと説明していけば、その優しさが時に大切な人を傷つけてしまうこともきっと理解してくれます。

1位/いて座(11/22~12/21)

【「釣った魚に餌をやらない」を体現】

いて座の男性は、まさに「釣った魚に餌をやらない」タイプ。

「恋愛成就するまで」が目標であることも多いようです……。

よっぽど相性が合わない限り、継続した優しさを見せてくれることはないかもしれません。

仲良く付き合うには「束縛しないこと」が大切なのですが……どうしても不安になってしまうときには、やはり他のご縁を探してみるのも一つの手だと考えておいたほうがいいでしょう。

付き合う前と後の態度の違いは…

付き合う前と付き合ってからと、あまりにもギャップがあると、ガッカリしてしまいますね。

そうならないためにも、、どんなに見た目がタイプであったとしても、お付き合いをする前にまずはしっかりと相手の本性を見極めておくことが大切です。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)