自分が好きな人にどう思われているか、不安ですよね。

では、男性が「俺にはこの人しかいない!」と思うのはどんなときでしょうか。

今回は、気になる女性が「本命」に昇格した瞬間を男性に調査してみました。

男性に聞いた!気になる女性が「本命」に昇格した瞬間

選択肢をくれた

「何回かデートした女性と同時期に、元カノからも復縁を迫られてたんです。迷いを見透かされ『元カノを選ぶならそれでもいい。私を選ぶならちゃんと切って』と。

そう言ってくれた彼女を選ぶことにしました」(28歳男性/看護師)

この男性は、どちらも傷つけたくないという優しい人なのでしょう。

ケジメをつけてもらうことは必要ですが、プレッシャーを与えないことが、本命女性に選ばれるきかっけになるのかもしれません。

「無理してる」ことをわかってくれた

「デートした女性に『今夜は一緒にいたい』と誘う勇気がなく、意気地なしとバカにされてトラウマに。

つぎにいい雰囲気になった女性に勇気を出して誘ったら『無理しないで』と優しく諭されて嬉しかった」(24歳男性/会社員)

世間的にも「男がリードしないと!」という意識があるのかもしれません。

でも、対等な関係でこそいい恋愛ができるというもの。

無理をしてそうな男性に優しい言葉をかけてあげることができれば、男性の心に刺さり「この人しかいない」と思ってもらえるかもしれません。

リードしてくれた

「アプリでマッチングした年上の女性が『行きたいところあるんだけど』と提案してくれたんです。

つぎも、『今度は、○○くんが行きたいところに行きたい』とやんわりリードしてくれて惚れました」(25歳男性/公務員)

彼女が欲しいあまり、完璧なデートを目指してしまう男性も少なくありません。

でもいちばん大切なのは、お互いが楽しむこと。

そのことをふたりの共通認識にできれば、おのずと惹かれ合うはず。

気楽に行きたい場所や、やりたいことを伝えてみるのも、いいかもしれません!

素直な気持ちを伝えて

意外なきっかけで本命に昇格することは、多くあります。

男性が「一緒にいたい」「一緒にいると幸せな気持ちになる」と感じてくれることが大切。

あなたの気持ちを素直に伝えることで、なにか変わるかもしれませんよ。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)