男性からの印象がいいとされている「上品な女性」って憧れますよね。

そこで今回は、「上品な女性」の特徴を男性に調査してみました。

これを読んで実践すれば、あなたも品のある女性になれますよ!

男性にモテる!「上品な女性」の特徴3つ

1.バッグのなかがキレイ

「洋服のテイストも大事だけど、結構気になるのがバッグの中身。ポーチとかでまとめて整理整頓されてたりすると、女性らしくて品があるなって思うかな。

逆に身なりはキレイでも、ちらっと見えたときにカバンのなかがグチャってなってると、ガッカリしちゃうかも」(27歳/広告代理店)

意外と盲点なのが、バッグの「中身」です。

急いでいて、荷物をバッグのなかにポイっと放り込んだまま出かけている、なんてことはありませんか?

メイク直しのポーチ、エチケット用品のポーチなどを小分けにして整理整頓するのがおすすめ。

普段あまり目につかない場所こそ整えておくと、「品のある女性」というイメージを持ってもらえるようですよ。

2.食べ方がキレイ

「食べ方がキレイな人って上品で女性らしいなって感じる。箸の持ち方がちゃんとしてたり、音立てないで食べたり……。

あと、残さずキレイに食べる人も上品に見えるかも」(29歳/メーカー営業)

食事は、上品かそうでないかがよくわかる場面と言えるでしょう。

くちゃくちゃと音を立てたり、口に入っているのに喋ったりするのはNG。

また、お箸の持ち方をチェックするという男性も少なくないようです。

気になる人は、今からでもなおす努力をしてみましょう。

3.笑うときの仕草がひかえめ

3.笑うときの仕草がひかえめ

「自分の話に笑ってくれるのはいいけど、手を叩いたり大声で笑ったり話したりするのはちょっと品がないかな……。

一緒にいて恥ずかしくて、ちょっと距離置いちゃいますね」(31歳/公務員)

話を聞いて笑ってくれるのは男性としてもうれしいはず。

ただし身振り手振りが大きいと、がさつにも感じられてしまうようです。

笑うときには動作や声を少しひかえめにすると良いでしょう。

手を口元に添えるだけで、上品さはもちろん、ほんのり色っぽさも演出できますよ。

日頃から「上品さ」を意識して

日常の仕草には、無意識のうちに癖がでてしまうもの。

「上品な女性」だと思ってもらえるように、日頃から意識しましょう。

品のある仕草ができるように毎日心がけることで、自然と上品さが身につくはずですよ♡

(愛カツ編集部)