予定を立てるときに、いつも仕事やプライベートの時間を優先して彼女は後回しにしてしまう、そんな男性って一定数いますよね。

もう少し彼女として、大切にされたいと思うこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、彼に自分の優先順位を上げてもらうテクニックをご紹介します。

いつも仕事ばっかり…彼に自分の優先順位を上げてもらうテクニック

彼氏を優先しすぎない

「以前は彼氏と会えるのが、月に1~2回だったので彼氏の急な誘いにほかの予定をキャンセルして会いに行ってました……。

でも、ふと私が合わせるから急に誘ってくるのでは?と思い、先約を優先するようにしたら態度が一変しました」(26歳・女性)

本当になんの悪気もなく、「彼女が自分に合わせてくれるから、自分は都合を合わせなくても大丈夫」と思っている男性って結構多いんです。

いつも彼女が予定をやりくりして自分に合わせていることを知らず、「いつでも会えるし」と考えている場合も。

そのため、必ずしも彼女の優先順位が低いわけでもないのですが「彼女にも予定がある」ということを実感すると、「彼女の予定から確認しよう」と意識が変わるようです。

彼女といたら楽しいと思ってもらう

「仕事が忙しくて、彼女にもっと時間を使ってあげたほうがいいとは思ってる。でも、デートのときはいつも彼女の機嫌が悪い……。

『ほんとに仕事で忙しいの?』と怒られる。彼女よりほかの楽しみを優先したくなっています」(28歳・男性)

会えない時間のさみしさや、なかなか会えないイラだちを彼にぶつけていませんか?

人は心地いいものに惹かれがち。

会って楽しく、心地よい人との関係を優先してしまうものです。

なかなか会えないからといって、彼を責めてばかりでは「怒られるし、会うのが面倒」と、ますます優先順位が下がってしまうことも。

一度でいいので、デートのときはグチを封印して、楽しく過ごすことを心がけてみると変わるかもしれませんね。

新しい趣味をはじめる

「アウトドアが趣味なので、時期によっては彼女のことを放置。前は彼女から『いつ会える?』と催促されましたが、最近は彼女もカメラをはじめて『私は私で楽しいよ』と。

久しぶりに会ったら目がキラキラして楽しそうで、むしろちょっと不安……」(23歳・男性)

自分との恋愛以外のことに熱中してる女性は、キラキラするから追いたくなる……。

男性の口からよくきかれる意見ですね。

「彼氏と会いたいのに我慢してほかのことをして、キラキラできるもの?」と思う人もいますが、彼以外の世界を持つことは、単純に二人の間の話題を増やすことにもつながるんです。

彼女の知らない面を見ることで、男性が新たな魅力を見出すことがあります。

人間的な厚みが出ることは、恋愛にも必ずいい効果をもたらすはずですよ。

「彼氏最優先」の考えをあらためてみて

好きな彼なら、他のことを差し置いても会いに行きたくなる気持ちはわかります。

でも彼を優先するほど、彼にとっては「いつでも会えるからいつでもいい」存在になってしまう皮肉も。

自分のことをもう少し優先してあげると、いつのまにか彼からも大事にされる存在になるでしょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)