デート中、いい雰囲気になっているのに、彼がキスを求めてこない場合がありますよね。

相手が求めてこないのであれば、こちらからいくしかないでしょう!

そこで、「デート中に男性がキスを求められると嬉しい瞬間」についてご紹介します。

自分からいくのもアリ!男性に聞いた「キスされて嬉しい瞬間」とは

しばらく目が合ったあと

「デートをしていて、目が合うことがありますよね。見つめ合う時間が長くなるとキスしてもいいのかな……と思います。
ただ、ちょっと勇気が出ないときもあるので、向こうからしてくれたら嬉しいな」(27歳男性/福祉)

目が合うのは、相手を意識しているからです。その時間が長くなるのは、相手の存在を強く求めているからでしょう。

ただ相手の気持ちを考えるとためらってしまうので、女性のほうからしてもらえると男性はありがたいと思うんですね。

カラダの一部が触れているとき

「部屋で一緒に過ごしているようなとき、いつの間にかカラダの一部が触れているようなことがあるじゃないですか。
その状態が続くと、相手も嫌じゃないなと思い、次の段階に進んでもいいのかな……と思うこともあります」(26歳男性/飲食)

カラダの一部が触れていると、そこに意識が集中します。意識していないように見えていても、いろいろ考えをめぐらせています。

キスしたいという衝動にも駆られているはずなので、女性から求めてもらえると、男性としてはラッキーでしょう。

お酒を飲んだとき

お酒を飲んだとき

「お酒を飲むと、人肌恋しくなります。彼女と一緒だったりすると触れたくなるんです。そこでキスできたら最高ですね」(30歳男性/金融)

お酒を飲むと、いろんな衝動がわきます。この男性のように、人肌恋しくなる人も多いのではないでしょうか。

寄り添ってくるような素振りがあったなら、そういった気分である証拠。

女性のほうからキスを求めたら、男性は幸せな気分にひたってくれるはずですよ。

帰り際のさよならのとき

「デート終わりは、だいたい駅の改札。さびしいし、離れたくないじゃないですか。そういうとき、キスをして気持ちに踏ん切りをつけます。
ただ自分からするのは恥ずかしいので、彼女のほうから求めてくるのを待つことも」(31歳男性/出版)

デートの帰り際は、さびしい気分になりますよね。最後にキスをすることで、気持ちに踏ん切りをつけたいと考えることもあるよう。

ただ、人目が気になる場合もあるでしょう。そこで男性からするのは恥ずかしいので、女性のほうから求めて欲しいという意識が働くんですね。

キスでもっと仲良く…

男性も、ひそかにキスしたいという衝動に駆られている場合もあります。

そんなタイミングで女性から求められたら、運命的なものを感じるかもしれません。

待つことも大事ですが、たまには自分から求めるとグッと関係が深まっていくはずです。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)