年下の彼氏のことを「やっぱり若いな〜」と思うこともありますよね。

逆に、彼からすると「老けてるな……」と思われている可能性も。

なるべくなら、年齢は感じさせたくないのではないでしょうか。

そこで今回は、年下の彼氏に「若いな」と感じさせるテクニックをご紹介します。

年下の彼氏に「若いな」と感じさせるテクニックって?

流行には敏感でいる

「彼女が、かなり前から流行りそうな歌手に目をつけていました。ちなみに彼女は僕の5歳上。流行に敏感なところは、すごく若いなって思います」(32歳/内装)

年齢を重ねると、だんだん流行にも疎くなっていきますよね。

最近のミュージシャンの話題などにもついていけなくなる。

そこを敏感でいられるというのは、若いと感じさせる要素。

常に、アンテナは高く張っていきたいところです。

世間知らずなところを見せる

「彼女と話をしていて、ブラックカードを持っている友だちがいると言ったんですね。そうしたら、けげんそうな顔をして、『そんな人と仲良くしないほうがいい』と言うんです。

ブラックリストと間違えているようでした。ていうか、ブラックカードを知りませんでした。俺よりだいぶ年上なのに。でも、なんか可愛かったです」(28歳/金融)

世間知らずだったり、おっちょこちょいな一面を見たりすると、男性は幼く感じ可愛いと思うようです。

ただそれがあまりに激しいと、日常生活にも支障をきたすと思い、避けられてしまう場合も。

なので、天然もほどほどがいいですね。

よく写真を撮る

よく写真を撮る

「彼女は、とにかくよく写真を撮ります。この前、旅行にいったときも、キャッキャとはしゃぎながら写真を撮っていました。

そういうところを見ると、僕よりだいぶ年上なんだけど、下に感じますね」(25歳/音楽)

写真を撮るというのは、新鮮に感じたり、感動していたりするのでしょう。

年齢を重ねていくと、なにに対しても感動は薄れていくもの。

せっかく楽しいことを提供したのに、ノーリアクションという場合もあります。

それは、男性としては寂しいですよね。

写真を撮ることで、喜びを表現してくれているように感じられるみたいです。

すっぴんでも気にしない

「僕の彼女は、もう40歳近いのにまったくすっぴんを気にしません。普通にすっぴんで出かけたりします。

僕としてはそっちのほうがいい。気にする必要ないと思うし、むしろ若々しく感じます」(31歳/医療)

年齢によって肌は衰えてきますが、実際のところ男性はそこまで気にしていないかもしれません。

肌のキレイな人に対して、キレイだな……と感じる程度。

気にしている素振りは、逆に老けているように感じさせてしまうことも。

むしろ自信を持ってすっぴんのまま出掛けるほうが、若いと感じるようですね。

年齢を意識しすぎず自然体で

年齢を意識しすぎると、逆に老けていると感じさせてしまう場合もあります。

大事なのは、年齢に対して悲観的にならないこと。

自然体でいるほうが、男性の目には若々しく映るはずです。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)