もし気になる男性が落ち込んでいたら、あなたはどう慰めますか?

温かい声をかけたり、差し入れをしたり、様々な励まし方があると思います。

ですが、どれもやった気になって相手へきちんと伝わっていなかったら寂しいですよね。

じつは、男性の血液型によって、落ち込んでいる時に取ってほしい対応の仕方は異なるんです。

そこで今回は、男性の血液型別に、「落ち込んでいるときにしてほしいこと」をご紹介します。

男性の血液型別・「落ち込んでいるときにしてほしいこと」って?

A型の男性には

【「もしも私だったら……」と自分に置き換えて相談に乗る】

A型の男性は、単純に「頑張って!」と言われるよりも、親身になって話を聞いてくれる方を好む傾向にあります。

もしもあなたが、落ち込んでいるA型の男性を慰めたいと感じたら、「もしも私なら……」のフレーズを話しの前置きにして、自分に置き換えて相談に乗るといいかも。

そうすれば、「真剣に自分のことを考えてくれているんだな」という気持ちになれるでしょう。

A型の男性を励ますときは、時間をかけて寄り添う必要があるため、自分自身に余裕がある時の方が良さそうですね。

B型の男性には

【前向きになれるように「比喩表現」を使う】

B型の男性は、上手くいくイメージが頭の中に思い浮かばないと、いつまでも落ち込みサイクルから抜け出せない傾向にあります。

そのため、彼を前向きな気持ちにするために、「比喩表現」を使ってみましょう。

比喩を交えながら伝えることで、成功のイメージしやすくなるなるはずです。

たとえば「成功してる人のほとんどが、ぶつかった壁を糧にして上手くいったんだって」などの言い回しがおすすめです。

比喩を使えばオブラートに包んで物事を伝えられるので、どんな内容でもやんわりとプラスの話題にできそうですね。

O型の男性には

【一緒に食事をしたりご飯をつくってあげる】

O型の男性は、落ちこんでクヨクヨしている自分が嫌いなところがあります。さらに、その姿を見られるのはもっと嫌なタイプ。

そのため、直接的な励ましの言葉をかけるのは避けた方がいいかもしれません。

O型の男性を慰めるなら、一緒に食事をしたり、ご飯をご馳走してあげたり間接的に応援するのがベスト。

一緒に食事をするだけで、「この子、俺のこと元気づけようとしてくれてるんだな」と、あなたの優しさをジーンと感じ取ってくれるはず。

また 食の快楽がやる気に結びつき、立ち直るきっかけになると思います。

AB型の男性には

【アドバイスは不要!彼の話を最後まで聞いてあげる】

AB型の男性は、立ち直るまで放っておいてほしい傾向があるため、余計なアドバイスは不要と感じるタイプ。

そのため、落ち込むAB型の男性を慰めるなら、何もせず、ただただ話を聞いてあげるのがいいかもしれません。

「どうしたの?」「何かあった?」と聞くこともなく、あなたが察したような空気感で沈黙することで、彼は無意識に話し始めるはずです。

たったそれだけ?と思われるかもしれませんが、AB型の性格に合う励まし方はこれがベストなのかも。

話終わった後、いつの間にか元気になっていると思います。傾聴することに意識を向けてみてください。

相手に合った方法で

慰めたり、励ましたりする方法は決して一つではありません。

落ちこんでいる男性を慰める際に大切なこと、それは「相手に合った方法で接する」ことでしょう。

そう、「頑張って!」と言われて嬉しい人もいますが、言われてムッとしてしまう人もいます。

今回ご紹介した内容を踏まえて、彼に接してみてください。

きっと、喜んでくれるはずですよ。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)