気になる男性にLINEを送りたくても、とくに話題や用事がない。

あれこれ考えた挙句、無理やり考えて送ってしまう人もいます。

自分では上手に送ったつもりでも、相手は不審に思っているかも。

今回は、男性から「重い」「怖い」と警戒されてしまうLINEをピックアップしてお届けします。

送り間違いかと思ったら…男性が警戒する恋のアプローチLINE

誤送信を装って質問攻め

「突然謎なLINEが入っていたので『どうしたの?』と送ったら、『ゴメン間違えて送っちゃった!』と言われた。

内心『そうなんだ』と思い既読スルーしたら、『元気?』『最近何やってるの?』と質問攻め。間違いLINEがわざとらしく感じました」(25歳/教育)

LINEは手軽にコミュニケーションが取れるからこそ、うっかりミスや誤送信も起こりやすいかもしれません。

そんな間違いLINEを装って、気になる男性に連絡を取るのは避けた方がいいでしょう。

よっぽど純粋、もしくはあなたを好きじゃない限りは男性も警戒するかも。

さらに質問攻めをしてしまうと、「構ってちゃん」と見なされる可能性もあります。

男性を釣ろうとする下ネタ

「聞いてもいないのに頻繁に『いまお風呂入ってる』とか、元カレとの夜事情を赤裸々告白してくる女子。

俺とのやりとりを続けようとしてくれるのはありがたいけれど、そういう子としか見られなくなる」(30歳/営業)

「お風呂入った」は、脈ありな男性には効果ありかもしれませんが、相手が自分に好意を感じていないと意味がありません。

むしろ「随分グイグイ来るな……」と、怖がられてしまうかも。

気になる男性に送る話題に迷っても、下ネタは封印した方がいいでしょう。

こじつけすぎる確認や連絡

こじつけすぎる確認や連絡

「同じ学部の子がしょっちゅう『明日〇限休校だっけ?』『テストの範囲どこだっけ?』などとLINEしてくる。

でもHP見れば載っているし『そもそも授業ちゃんと聞いていないの?』って思っちゃいます」(21歳/大学生)

どうしてもLINEしたい気持ちは分かりますが、無理やり用事を作るのは不自然です。

調べれば分かるようなことは、聞いても嫌がられるだけでしょう。

ほんの数回ならいいかもしれませんが、頻繁に送っていると、彼も不審に思うかもしれません。

送るなら、内容はストレートに!

男性と逆の立場になって考えてみましょう。

たとえ相手に興味があったとしても、不自然に思いませんか?

自分の好意を隠したいために回りくどいアプローチをするなら、「元気?」などストレートな内容を送った方がいいでしょう。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)