気になる男性との関係を進展させたいなら、LINEは欠かせないツールですよね。

返信の内容やタイミングなど、押さえておきたいポイントはたくさんありますが、使い方を間違えると引かれる原因に。

そこで今回は、男性が「ドン引き」するLINEをご紹介します。

あなたは大丈夫?男性が「ドン引き」するLINE

スタンプの連打

「女性から来るLINEで、いつも苦手だなと思うのが、スタンプを連発してくるケース。会話の最後や、感情を表現するために使用するならまだいいですが……。

スタンプだけで会話をするのはちょっと苦手です。いきなりスタンプが送られてきたときには、だからなに?って思っちゃいました」(27歳/美容師)

さまざまな種類のあるLINEスタンプ。

LINEでメッセージのやり取りをするうえで、アクセント的な役割を果たしてくれる便利なアイテムですよね。

しかし、男性はLINEは基本的に用件を完結に伝えてほしいと思っている人が多いので、スタンプのみの乱発はNG傾向にあるようです。

長文メッセージ

「飲み会でいいなと思った女の子と、LINEを交換。しばらくLINEでのやりとりを続けていたのですが、その子がことあるごとにすごく長いメッセージを送ってくるようになり、正直うんざりしていました。

スクロールしないといけないほど長い文章は、正直読む気が失せちゃいます」(27歳/商社営業)

女性にくらべ、男性は長々と文章のやり取りをすることに苦手意識を持っている傾向があります。

そのため、女性から送られてくる長文LINEに、嫌悪感を抱く男性も少なくありません。

男性にマイナスな印象を与えないためにも、LINEの文章は短めがベターでしょう。

返信の催促

返信の催促

「知り合って間もない女の子と、LINEのやり取りをしていたときのこと。忙しくてすぐに返事を返すことができずにいました。仕事がひと段落ついたので、返信しようとスマホを見たところ、画面いっぱいに彼女からのLINE通知が。

開くことすら怖かったのですが、勇気を出して内容を見てみたところ『どうしたの?』『忙しいかな?』など返信を催促するLINEが20件近く届いていました。恐怖を感じたので、彼女とは距離をおくようにしました」(27歳/不動産)

気になる男性からのLINEは、返信が待ち遠しいですよね。

しかし、恋愛を成就させるためには、相手のペースを尊重することも、忘れてはいけません。

返事の催促は、恋愛の駆け引きにおいてはタブーな行動だと言えそうです。

関係を進展させるために

恋愛関係を発展させるためには、男性に引かれないLINEのやりとりを意識するのがベター。

楽しくLINEを続けて、好きな男性との距離を縮めちゃいましょう!

(愛カツ編集部)