好きな人からの何気ない一言で、傷ついてしまうことってありませんか?

それは、男性も同じ。

また、男性の方が、女性よりもずっとデリケートだとも言われているんですよ。

そこで今回は、男性の血液型別に、「好きな女性に言われたら傷つくセリフ」をご紹介します。

あなたの気になる彼は、どうでしょうか。

男性の血液型別・好きな女性に言われたらグサッと傷つくフレーズ

A型の男性が傷つくのは…

……「○○くんってケチだよね」

A型の男性は几帳面でとても真面目なところがあります。

付き合う上では理想的だと言えますが、その反面、こだわるあまり融通が利かないこともあります。

たとえばデートでもキッチリ割り勘で、クーポンやスタンプカードを持ち歩き、お会計の時になってカバンの中を漁る……なんてことも。

デートくらいちょっぴり奮発してもいいのにと思う気持ちから、「○○くんってケチだよね」と言ってしまうかもしれません。

しかし、そう言われると、A型の男性は、「あはは、そうだね」と苦笑いしつつも、心の中でしょげているでしょう。

お付き合いをしてから、信頼関係を築いていく中で、タイミングを見計らって伝えた方がいいかもしれませんね。

B型の男性が傷つくのは…

………「ほんと責任感ないよね~」

B型の男性は、女性を楽しませるのが上手なので、一緒にいるだけでテンションが上がると思います。

しかし、緊急事態が起きた時の逃げ足がピカイチ。

問題から少しでも逃げようと他人事のように振舞ってしまうところがあります。

そのギャップに、思わず「○○くんてほんとに責任感ないんだね」と口にしてしまうかもしれません。

自分でもそれが悪いことだと薄々築いているため、図星を突かれて落ち込んでしまうと思います。

ストレートに伝えると、今後連絡が来なくなる……なんてこともあるので、伝えるのであればやんわりと言うのがおすすめです。

O型の男性が傷つくのは…

O型の男性が傷つくのは…

……「何でそんなに偉そうなの?」

O型の男性には、情熱的な一面があります。

付き合う前は、積極的に尽くしてくれるでしょう。

しかし、付き合い始めると強引で、偉そうな「オレ様節」が炸裂。

自分本位に「こうすれば喜ぶだろう」とサプライズやサービスを押し付けてくることも。

そのため、彼の行動に「何でそんなに偉そうなの?」と言いたくなってしまうこともあるかもしれません。

彼はよかれと思ってやっているため、「お前のためにやったんじゃないか!」と逆ギレしてしまうかも。

オレ様モードのときは、喧嘩腰は絶対NG!

「私はこうしてくれた方が嬉しいな」と彼を尊重しつつ、思っていることを伝えるのがオススメ。

伝え方を間違えなければ、素直に受け取ってくれるでしょう。

AB型の男性が傷つくのは…

……「何だか○○くん、ヒモみたいだね」

AB型の男性はハマると全力投球で無我夢中になってしまうところがあります。

そのため、ギャンブルにものめり込んでしまうことがあるみたい。賭け事にハマり依存してしまうと、お金がすぐに尽きてしまいます。

ついにはあなたに借金するようになり、そんな彼を見て「何だか○○くん、ヒモみたいだね」と皮肉を言ってしまうかもしれません。

夢中になっているのは自分ですが、彼女は味方だと思っているため、ショックを受けてしまうと思います。

しかし、ギャンブルを趣味として楽しむなら限度が必要です。金銭トラブルになりそうな場合は、彼としっかり話し合うことが大切です。

「このままだともうお金は貸せないな」と“ヒモ”というワードを使わずに彼に伝えるのがいいかもしれません。

傷つけるつもりはなくても

あなたが彼に伝えることは、正論かもしれませんが、いつの間にか彼を傷つけている可能性もあります。

本当は良くないと分かっていても、なかなかそこを正すことができない場合もあるでしょう。

彼を傷つけずに、オブラートに包んで気持ちを伝えられたら素敵ですね。

また、彼を褒めることも忘れないで。

けなされ続けたら、自信がなくなってしまうものですよ。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)