付き合う前はステキな彼だったのに、恋人になった途端「イヤな部分」が目について嫌いになった……。

お付き合いが長続きしない女性は、このようなことをよく言います。

しかし、もしかしたら彼の「イヤな部分」に歩み寄れればなにかが変わるかもしれません。

そこで今回は、そんな女性たちの目につきやすい「男性の嫌な部分」と「歩み寄り方」をご紹介します。

少し考え方を変えるだけで、恋愛が長続きするはずですよ。

長続きさせたかったのに…付き合ってる彼にゲンメツした瞬間

なんでも彼女任せだった

「元カレは付き合う前はお店をちゃんと予約してくれていたのに、付き合ったらそのあとは『君に任せる』といってなにもしてくれなくなったんです。

自分から積極的に旅行の予約やサプライズのイベントを考えてくれる友達の彼が羨ましくなってしまって……嫌になり別れてしまいました」(31歳/不動産)

付き合った途端に手抜きをされると悲しくなりますよね。

でも、少し考え方を変えてみて。

あなたの行きたいところに付き合ってくれるのを愛されている証拠だと思えるようになると、感じ方は変わるかもしれません。

家のなかではだらしなかった

「外でしか会わないうちはいいけれど、家を行き来するようになると嫌なところが目についちゃう。

脱いだ靴下を床にそのまま置いておくとか、洗面所に剃ったヒゲの黒いつぶつぶが落ちているとか……。そういうだらしない部分が許せなくなるんですよね」(26歳/人材派遣)

外の姿と家でリラックスしている姿は、大きく違いますよね。

これは仕方ないことなので、気になったことは彼に都度伝えましょう。

言わないと相手も分からないですからね。

向上心が感じられなかった

向上心が感じられなかった

「私のほうが仕事が忙しく、スキルアップや趣味に時間を割いていつも予定が埋まっていたので、『いつでもいいよ』とあわせてデートしてくれるような彼は理想だと思ったんです。

でも、のんびりしている彼は最初は癒やしに思えたのですが、向上心のなさが目について嫌だと思うようになってしまいました」(27歳/保険)

人の長所と短所って裏返しなんですよね。

自分が求めていたものと違うところが見えて嫌になった場合は、そもそも相手のことをそこまで好きではなかったのかも。

付き合うときに「本当にこの人のことを好きなのかな?」と自分の心をよく確認してから付き合うことも大事でしょう。

交際を長続きさせるためには

彼氏の悪いところが目について嫌になってしまう女性は、もしかすると無意識のうちに相手をコントロールしようとしているかもしれません。

「人間には欠点もある」と割り切るのがおすすめ。

どうしても許せないこと以外は、彼の悪いところを許してあげるのが長続きの秘訣です。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)