とくに恋愛をしていなくても、毎日が充実している人はたくさんいます。

それでもときどき、「こんなとき恋人がいたらなあ……」と感じる日もあるでしょう。

もしも気になる彼が、そんな状態だったら絶好のアプローチチャンスかも。

今回は男性が、恋人がほしいと思う日についてご紹介します。

こんな日に彼女がいたら…男性が「恋愛したい」と思う瞬間

雨が降っている日

朝、カーテンを開けると雨が……。

そんな日にこそ「彼女がいればなあ」なんて思う男性もいるようです。

なぜなら、憂鬱になりやすい雨の日でも楽しめるデートは意外にもたくさんあるからです。

たとえば、「ロマンチックな雰囲気満載の水族館デート」、「雨の音を聞きながらゆったりした時間を過ごせる図書館デート」、「相合傘で距離が縮まる雨の中お散歩デート」など。

もしも気になる男性と会う日が雨でも、落ち込まないで。

雨が、あなたと彼の距離を縮めてくれるかもしれませんよ。

女性と食事をする日

1人で食べるよりも誰かと一緒に食べる方が何倍もおいしく感じられます。

なので、男性はふとした食事の瞬間にも「もし、彼女がいたら」なんて思うよう。

また、男性のなかには、女性が幸せそうに食事をする姿を見ると「かわいい!」と感じるようです。

ダイエット中は食事を控えたいと思うかもしれませんが、男性と一緒にいるときに食べる量を抑えすぎてしまうと、『口に合わなかったのかな?』と彼を不安にさせてしまうかもしれません。

そんなときだけは「ダイエットは明日から!」と気持ちを切り替えると、彼の幸せそうな表情を見ることが出来るかもしれませんよ。

誕生日やクリスマスなど、イベントがある日

誕生日やクリスマス、大晦日などのイベント時はより「恋人」という存在に特別感を抱くようです。

たしかに大勢の人々が盛り上がる日は、「ひとりではさみしい」と思う要素がたくさんありますよね。

イベント当日はパーティーや合コンなどの予定が入っている可能性もあるので、アプローチをするならイベント前がチャンスかも。

あなたのアプローチをきっかけに、彼の方からデートに誘ってくれる可能性も十分ありますよ。

自分から歩み寄ってくれる女性がいい

気になる男性が「彼女がほしいなー」と感じているときに上手にアプローチができれば、恋のチャンスが広がるかもしれません。

また、「この子といるといつもより楽しい」と思ってもらえるよう、自分から歩み寄ってみるのもおすすめです。

そうすることで、彼もあなたと同じように歩み寄ってきてくれるでしょう。

彼が振り向いてくれるのを待つのではなく、あなたから好意を表すことで、彼も嬉しく感じるはずですよ。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)