LINE(ライン)アイコン

気になる男性とLINEをするときには、駆け引きやテクニックを駆使するほうがいいケースもあるでしょう。

しかし間違ったテクニックを実践してしまうと、逆に男性からうっとうしく思われてしまいます。

いい関係をつづけるためにも、いま一度自分のLINEを見直してみましょう。

今回は、男性が好ましく思わない「間違ったLINEのモテテクニック」を紹介します。

それ逆効果かも!男性から好まれない、LINEのモテテクニック

すぐに返信をしない

「会話をしているのに返信が遅いと、だんだんイライラしてきちゃいます。あまりにテンポが合わないと、LINEをするのはしんどくなりますね」(31歳/男性/IT)

すぐに返信をせず焦らすというのは、定番のテクニックとなっています。

しかし、男性はいちいち間が空くLINEにはイラ立ちしか覚えないので、ほとんどの場合で逆効果です。

すぐに返信をしたほうが会話にリズムが出るので、会話が盛り上がる確率は高くなりますよ。

質問で返す

「何個も何個も質問をされると、話しているのが嫌になる。しかも、本当にそれ知りたいの?みたいな、どうでもいい質問ばっかりだし」(27歳/男性/営業)

「?」で返すようにすると、LINEを長くつづけられると言われていますが、さすがに限度があります。

執拗に質問攻撃をしたらまるで尋問をされているかのような気分になり、男性は答えるのが面倒になってくるはず。

相手に興味を示すのは大事なことですが、重荷にならない程度に留めてくださいね。

朝と夜に挨拶のLINEをする

朝と夜に挨拶のLINEをする

「いちいち『おはよう』とか送られてきても、対応に困ります。そもそも朝からLINEをする時間はないんで、ぶっちゃけ迷惑ですね」(30歳/男性/メーカー)

好きな男性には、「おはよう」とか「おやすみ」といったLINEを送りたくなるかもしれません。

でも彼女でもない女性からそんなメッセージが届いたら、男性に重く思われそうなものです。

彼女気取りの言動は、あまりいい印象を与えません。普通の会話から距離感を縮めましょう。

スタンプで会話をつづける

「スタンプで会話をつづける女性は本当に苦手です。楽しいと思っているのかもしれないけど、こっちはうっとうしく感じちゃってますね」(26歳/男性/美容師)

LINEでは、スタンプのみで会話をする楽しみ方もあります。

相手の男性がそれを楽しんでいるのなら、何の問題もありません。

しかし、男性によっては面倒に感じる人もいます。

会話をする気がないように見えることもあるので、スタンプはほどほどにしてくださいね。

テクニックに頼りすぎない

下手にテクニックを使うよりも普通に楽しい会話をするほうが、男性にいい印象を与えられます。

回りくどいことはせず、素直に接することを心がけましょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)