好きな彼が忙しかったり疲れていたりすると、なんとかして元気づけたいと思いますよね。

しかし、励まし方を間違えると、彼を余計に疲れさせちゃうかも……。

そこで今回は、仕事が忙しい彼に言ってはいけないフレーズを3つご紹介します。

気をつけて!仕事が忙しい彼に言ってはいけないフレーズ3つ

1.「どうしたの?」「なにがあったの?」

「仕事で急ぎのプロジェクトとが入ってくると、急に忙しくなるんです。そういうときに、彼女から『どうしたの?』『なにがあったの?』『大丈夫?』って立て続けに聞かれたことがあって……。

しばらく返事をしませんでした。正直返事を書いている暇があったら仕事しないとって状況だったので」(25歳/ゲーム)

彼氏が急に忙しくなってしまって、状況がわからなくなると不安になってしまいますよね。

ですが、そういうときに、相手のことを詮索するような言葉は逆効果です。

仕事の内容を聞いたからと言って手伝えるわけでもないのですから、「わかった。また時間ができたら連絡ちょうだい」と言って待っているのが正解でしょう。

2.「頑張ってね」

「本気で忙しくしているときには、『頑張ってね』って言葉にイラつくことがあります。だって、こっちはかなり必死で頑張っているつもりなんですよ。

それなのに追い打ちをかけるように『頑張れ』って言われたら、これ以上働けってことか!って思っちゃいますよ」(31歳/教育)

忙しく働いている彼に、この言葉は禁句のようです。

とくに男性は付き合っている彼女には癒しを求めていることが多いもの。

「いつも頑張ってるね」と言ってあげるのがいいでしょう。

3.「今日のご飯はなにがいい?」

3.「今日のご飯はなにがいい?」

「元カノが、仕事の繁忙期になると家に来てご飯を作ってくれてたんです。最初はありがたいなぁって思ってたんですけど、毎日のように『今日はなにが食べたい?』って聞いてくるんですよ。

でも忙しいときって、そういうの考える余裕もないから、勝手に決めてくれって思ってました」(36歳/自動車)

せっかく彼氏に元気をあげたいと思っているのに、質問で追い詰めてしまっては意味がありません。

彼が好きだと言っていた食事を思い出して、彼の体調に合わせた献立を考えるのがデキる彼女の役目。

彼を癒やせる存在に

大好きな人が仕事で忙しくて疲弊している姿って、見ているだけでつらいですよね。

なにかしてあげたいと思う気持ちは大切ですが、見当違いなことをすると、逆に負担をかけてしまうことがあるので気をつけてください。

彼を癒やしてあげられる彼女になりましょう。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)