「良かれと思って発したひとことで、引かれてしまった」なんてことはありませんか?

さらに悪いと、「なにげなくした発言が、相手を不機嫌にさせてしまった!」という可能性も。

大好きな彼には、できるだけマイナスな印象は持たれたくないですよね。

今回は、彼には言わない方がいい、気をつけるべきNG発言を4つご紹介します。

彼には言わないで!気をつけた方がいいNG発言4つ

「私たちが出会えたのは運命かもね」

「運命」や「出会いは偶然であり必然なんだ」といったようなセリフは、ときとして男性をドン引きさせてしまうよう。

赤い糸で結ばれているというのは恋愛においては非常に美しいことですが、あなたを本当に愛している男性は覚悟や決意、努力をあなたとの恋愛に向けてしているはず。

そのため、「運命」のひと言で片付けられてしまうと覚悟や決意、努力といったものがまるでなにもないように感じられて悲しくなってしまうのだとか。

女性からしても「俺は俺の意思で君を幸せにしたいんだ」という方が、男らしく感じませんか?

もし、どうしてもそう言った言葉を使いたいのであれば、「いつも○○してくれてありがとう」「△△くんのおかげだよ」。

……といったフレーズの後に「こんなに幸せなのって、もしかしたら私たち運命かもね(笑)」と、冗談ぽく付け加えるくらいがちょうど良いかもしれませんね。

「寂しくて死んじゃう!」

会えなくてさみしいとき、「会いたい」なんてメッセージをLINEで送ったことはありませんか?

1回や2回「会いたい」と言われるのは、男性だって嬉しいものでしょう。

しかし、それがどんどんエスカレートしてくると重いと感じてしまうかも……。

とくに「会いたい。うちにこれない?」といったメッセージを送って断られたときに「寂しいから死んじゃう!」なんてダダをこねるのはNGでしょう。

イライラした彼から、「寂しくても死なないだろ」と、ごく冷静にあきれられてしまう可能性も。

そこは「そっか。ごめんね」くらいがちょうど良さそう。

恋愛ではお互いの恋愛の熱の温度差は非常に重要でしょう。

好きすぎる気持ちをときにはグッとおさえて、彼と同じテンションを保てるのが理想的かと思いますよ。

「他の人からも連絡がきてる」

「○○さんからしつこくLINEがきて困ってる」というフレーズも、彼や好きな人に打ち明けることでドン引きさせてしまう恐れがあります。

彼の立場からすると知り合いならその男性に注意をすることもできますが、見ず知らずの人に対してはアクションを起こすことは難しいはず。

場合によっては、「君がはっきり断らないからだろ」と思われてしまうことも考えられます。

とくに、好きな人にそんなことをいったら八方美人で「誰にでも思わせぶりな態度をとる人」と誤解されてしまうことも。

注意した方が良さそうです。

「どっちが似合うと思う?」

「どっちが似合うと思う?」というセリフも多くの男性は言われると困ってしまうよう。

その理由は、「どっち?」と聞かれてはいるものの、「彼女の好みを絶対にあてなくてはいけない」というのを理解しているからでしょう。

すでに自分のなかで答えが決まっていて、でも決め手がなくて背中を押して欲しいという気持ちは理解できます。

でも男性からすると、回答によっては彼女の機嫌を損なってしまう大問題なのだとか。

「答えが決まってるなら聞かないで欲しい」というのが男性の本音のようです。

無意識に言ってないかチェック!

今回は男性が嫌がる女性の発言をご紹介しました。

あなたに当てはまるものはありましたか?

こういった発言を控えるだけでも付き合いやすく賢い女性だと思ってもらえるはずですよ!

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)