仲のいい男性から、よく言われるひと言。好意は感じるものの、なんだか薄っぺらいなんて思ったことはありませんか。

あなたに対して本当に好意を寄せているのだとしたら、薄っぺらさを感じるような発言ってできないもの。むしろあなたに真摯に向き合って、然るべき言葉を言ってくれそうです。

そこで今回は「男性が、本命以外の女性にしがちな言動」をご紹介。

その人にハマる前に、いま一度彼の言動を振り返ってみましょう。

その人にハマらないで!男性が、本命以外の女性にしがちな言動

「俺なんかに〇〇ちゃんはもったいない」

「中途半端な関係がイヤで告白したら『俺なんかに〇〇ちゃんはもったいないよ』と言われた。でもそれ以降も、夜中急に呼び出されることとかしょっちゅうありましたね。結局私を都合よく利用したかっただけだったんだな……」(25歳/販売)

本当にあなたを「自分にはもったいない」と思っているのなら、そもそも恐れ多くて近づけないはず。

このひと言が言えるのは「交際はできないけれど、関係は切りたくない」「自分が悪者になりたくない」と、彼が自分のことばかり考えているからでしょう。騙されてはいけませんよ。

「〇〇したら」

「『スカート履いたら、もっとかわいくなれると思うな』『ナチュラルメイクにしたら、素敵だよ』みたいに、やたら要求が多い男っていますよね。好きならたしかに言うことも聞いちゃうけれど、大抵うまくいかない。こういう男性って、本命には要求も少なそう」(30歳/IT)

ルックス以外にも「家事はひと通りやってほしい」「共働きがいいから、働いたら?」など、生活面に対してもやたら要求が多い人は要注意です。

あなたが好きというより、自分の理想に女性を当てはめたいだけの可能性があります。

逆に本命は手放したくないからこそ、自分勝手な要求はしません。

むしろ本命女性には「〇〇ちゃんはそのままでいてね!」なんて言っているかもしれません。

「〇歳になってもお互い独身だったら…」

「〇歳になってもお互い独身だったら…」

「男友達から突然『俺たちが30になっても独身だったら結婚しようよ』と言われた。当時は『これってプロポーズ?』ってドキドキしたんですよね。でもそのあと告白されることもなく、彼は別の女性とあっさり結婚……。ちょっと期待してた自分が恥ずかしいです」(27歳/人材)

結婚をほのめかされたら、一瞬「脈ありなのかな?」と思いますよね。

でも、あまりに非現実的な提案なのは、あなたが恋愛対象ではないからでしょう。

こういう男性ほど本命には裏で、綿密なプロポーズをしていることが多いです。

もし彼と交際したい場合は、「じゃあ付き合おうよ」と言って様子を見てみて。彼が乗り気じゃないようなら、それが答えなのかもしれません。

いったん冷静に考えてみて

どんなに柔らかな物言いだったとしても、自分優先であなたの都合はいっさい無視。

こういった言動や態度が多い男性だと、信用するのは危険かもしれません。

彼の言いなりになる前に一晩置く、もしくは一度周囲に相談するなりして、冷静に考えてくださいね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)