せっかく恋人ができたのなら、すぐに関係が終わってしまうよりもじっくり関係を温めていきたいもの。

ですがあなたがそのように思っていても、男性によっては交際が続かない場合もあるでしょう。

そこで今回は「交際が長続きしない男性の特徴」を紹介します。

人とのコミュニケーションが苦手な男性は、恋愛面でもよくない影響が……?

コミュニケーションが下手…?交際が長続きしない男性の特徴

想像力や共感能力が低い

想像力が弱い人って、たいてい相手の気持ちを考えるのも苦手な傾向にあります。

相手の立場になってが考えられないから、自己中心的な振る舞いが多くなるのです。

だからもしあなたが気になっている男性が、根拠もなく決めつけで話すことが多かったり後先考えられなかったりする場合は要注意。相手の気持ちがうまく読めずに、苦労するかもしれません。

プライドが高い

プライドが高く常に一番でいたい人、自分のことを特別な存在と勘違いしているかのような人は、近寄りにくいし扱いにくいですよね。

正直人から好かれやすいタイプではありませんし、性格のせいで人が離れていく可能性もあります。

根拠もなく自信満々だったり上から目線の発言が多かったりする男性との交際は、考えないほうが無難です。

揉めたときは、相手をシャットアウトする

人間関係の維持が下手な人って、感情的で何か揉めごとがあった際は歩み寄ることができないことも。上手に話すことができず、自分からシャットアウトしてしまうのでしょう。

そんなときに限って、自分は悪くなく相手が悪いと思いこんでしまう男性もいるかもしれません。

誰かの愚痴が多い人は、人間関係が得意でない場合があります。

うまくいかないから不満が多くなり、愚痴っぽくなるのです。

批判的や排他的な人との恋愛は、よく気をつけてくださいね。

あまり協調的ではない

あまり協調的ではない

協調性がなく集団行動でもひとりだけ単独行動するようなタイプは危ないかも。

集団行動が苦手でも、状況に応じてある程度周りに合わせるのがマナーともされています。

それができない人が、彼女といい恋愛関係を築けるかどうかは怪しいところです。

単独行動が好きなのは悪いことではないので、集団の和を乱さないような人かどうかを見極めてください。

「昔からの友達」がほとんどいない

これが、一番分かりやすい特徴かもしれません。

「昔からの友達」と呼べる人がおらず、「ここ2、3年来の友人」しかいないという人。こういう人はたいてい、人間関係の維持が苦手です。

仮に学生時代にいじめられていて、学生の頃の友人はいないというのならしょうがないかもしれません。

ですがそれでもバイトや会社など、いろんな場面で人と出会っているはず。

人間関係を築く能力がそこそこあるのなら、人生で何人かは仲のいい人がいることでしょう。

気になっている男性の旧友が少ない場合は、それとなく聞いてみるのもありです。

コミュニケーションに問題がない人を選んで

交際が長続きしない人って、そもそもコミュニケーションが得意ではないのかもしれません。

好きという気持ちだけでは、交際って続かないもの。

長く続く恋がしたいのなら、コミュニケーションに問題がないような人を選ぶようにしましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)