彼氏が「仕事が忙しい」とあまり予定を立ててくれない……そんな人もいるのではないでしょうか。

でも、「忙しくても会いたい女性」になれれば、そう簡単には放置されなくなるでしょう。

そこで今回は、「疲れているときにこそ会いたくなる」女性の特徴をご紹介します。

彼の心の拠り所になることで、さらに必要とされる彼女を目指しましょう!

癒やされる…「疲れているときにこそ会いたくなる」女性の特徴とは

悩んでいてもそっとする

疲れているときって、できればそっとしておいてほしいと思うものですよね。

そんなとき、「どうしたの?」「なにがあったの?」「教えてよ」とあれこれ詮索されるのは、苦しいと感じてしまうかもしれません。

彼が悩んでいるときや疲れているとき、「なにがあったの?言ってよ!力になりたいの!」と無理やり聞き出そうとするのはNGです。

根掘り葉掘り聞こうとせず、ただ隣にいてくれる彼女が理想的。

そうすれば、彼は「居心地がいいなぁ」と感じて、疲れたときにこそあなたに会いたくなるはずです。

わがままをあまり言わない

普段から「あれして」「これして」と要求が多い彼女と、疲れているときに会うのはなかなかハードルが高いもの……。

元気なときはいいのですが、疲れているときにいろいろとおねだりされても、エネルギーが奪われて疲労が増してしまうだけかも。

逆に、疲れているときこそ会いたくなるのは、普段から要求が少ない彼女。

会うだけで気分転換ができ、かつ癒やしてくれるような存在が理想的ですね。

彼が「忙しい合間を縫ってでも会いたい!」と思う彼女になりたいのなら、彼氏をブンブン振り回すタイプよりも、彼を癒やすほんわかタイプの女性を目指してみましょう。

短時間デートでも満足できる

仕事のあと1時間だけの飲みや、週末2、3時間のデートなどの短時間デートで満足してくれるかどうか、も大きなポイントです。

短時間デートでは満足せず、彼に文句を言ってしまう……。

そんな彼女だと、彼は忙しいときのちょっとしたデートに誘いにくくなってしまうもの。

「疲れていて長時間会う気力はないけど、1、2時間だったら会いたいな。けどまた文句言われるだろうな……」となれば、「デートは仕事が落ち着いたらにしよう」と、後回しになってしまうかも。

逆に、1、2時間だけのデートでも楽しんでくれる彼女ならとても誘いやすいですよね。

忙しくても、ちょっと会いたいなと思ってもらえるはず。

彼が癒やされる彼女を目指して

忙しくても放置されない彼女になるためには、彼の「癒やし」となり、会うだけで彼にパワーを与えられるような存在になるのがポイント。

一緒にいるだけでリラックスでき、短時間デートのあとは「楽しかった♡早くまた会いたいな!」と感じさせる彼女なら、忙しいときにこそ会いたくなるはず。

彼の調子に合わせてテンションを変え、「放置されない彼女」を目指していきましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)