どちらかあるいはどちらもがひとり暮らしをしているカップルとなると、お互いの家を行き来することも多いでしょう。

当然、外食ではなく家でご飯をつくることも増えるはず。そんなときにふたりでいっしょに行くのが、スーパーマーケットですね。

ふたりでスーパーに買い物に来ると「なんだか新婚みたい♡」と心が弾む女性がいるかもしれません。

でもあなたの行動によって、彼がげんなりしてしまうなんてこともあるようです。

そこで今回は「彼とスーパーマーケットに行くときの、NG行動」を紹介します。

彼とスーパーマーケットに行くときの、NG行動って?

男性の前の前からすぐいなくなる

自炊大好きな堅実男性はスーパー慣れしていますが、そうでもない男性にとってスーパーマーケットはそこまで興味があるものではありません。

そんな男性は手慣れた様子で買い物をする彼女は心強く思うものの、売り場で勝手にあちこちに行ってしまう彼女に「置いていかれた感」を抱き、イライラを募らせることもあるようです。

アウェーな環境に置かれている男性にとって、ひとりでポツンと待っている時間は孤独との戦い。

すぐに自分を置いて買い物に走る女性に対して、「自分勝手だよなぁ」と不満を抱くこともあるのでしょう。

大量買いする

スーパーマーケットから帰ったあと彼に手料理を振る舞おうと考えている女性が陥りがちなワナのひとつ。それが「食べきれないほど大量の食材を買い込む」ということです。

「あれもこれも作ってあげたい」と思うと、つい食べきれないほどの食材をカゴいっぱいに詰めがち。

しかし、そんな姿を見た男性は「無駄買いが多い子」「消費期限とか大丈夫なのかな」という冷静な感想を抱くことも少なくないので、イメージダウンに繋がる可能性があるかもしれません。

時間がかかりすぎる

時間がかかりすぎる

男性の買い物は「必要なものを手に入れるため」の手段。それだけに色々と目移りして「あれでもない」「これでもない」と長い時間をかけて買い物を楽しむ女性に、げんなり感を抱くのでしょう。

「洋服の買い物ではなく食材なんだから、いいじゃない!」という女性の意見も聞こえてきそうなもの。

しかし男性によっては、洋服でも食材でも「買い物はみんな同じ」に見えて疲れるなんて人もいるようです。

彼もいっしょに、買い物に巻き込んで

彼とスーパーマーケットに行ったのに、幻滅されてしまったなんて展開はあまりにも残念です。

せっかくいっしょに行くのであれば、彼が興味を持つように「これ好き?」「あれ作ろうと思うんだけど」と話をしながら、彼もいっしょに買い物に巻き込めるといいでしょう。

(麻生アサ/ライター)

(愛カツ編集部)