デートを何回もしているのに、なかなか告白してくれない男性っていますよね。

好意があるのは理解しているけれど、長く待たされるのと「彼は私のこと好きじゃないのかな……」と不安になると思います。

告白まであと一押し!な時には、女性側から告白させるように誘導する必要もありそうです。

そこで今回は、男性を告白する気になる「助長させる一言」をご紹介します。知っておけば、男性からの告白を早めることができるかもしれません。

告白まであと一押し…!男性がその気になる「告白を助長する一言」って?

「好きじゃないなら、思わせぶりな態度はやめてほしいな」

恋人未満の関係の時は、彼から思わせぶりなことをされることも少なくないでしょう。

しかし、それが確実み脈あり行動なのかどうか判断がつきにくいと、「自分も親切な行為を返さなきゃいけないのかな」と複雑な気持ちなると思います。

たとえば、、誕生日プレゼントをくれた人には、相手の誕生日にプレゼントをあげなくては気持ちが悪いもの。

これを返報性の原理というのですが、これを上手く利用することで、告白してもらえるかもしれません。

「思わせぶりなことはやめてほしい」という言葉の中には、「私は真剣に好きだと思っているのに」という意味も込められているはず。

自分が真剣であることを相手に伝えれば、相手も真剣になってくれると思います。

「私のこと、どう思ってるの?」

もっと攻めた言い方をしたい場合は、背中を押すようなセリフを言ってみるのもアリかもしれません。

「私のこと、どう思ってるの?」と言えば、好意があるなら「友達とは思ってない」とか「付き合いたいと思ってる」という前向きな返答がくるでしょう。

このセリフを言う時は、責めるように伝えるのではなく、うるっとした目で訴えるように尋ねるのがいいかも。

もし「友達だと思ってるよ」と返答がきたら、「それだけ?」と追求してみたり、「私はそれ以上だと思ってるんだけどな~」と男性の背中を押してあげるといいでしょう。

「待ってるんだけどな~」

「待ってるんだけどな~」

イイ感じの彼から告白されないのは、「告白したら振られてしまうかも」と不安になっている可能性があります。

なかなかそれらしき言葉を言ってくれないと感じたら、「待っている」というセリフを使うのが効果的かもしれません。

(告白を)待っているということは、したらOkを出すと言っているようなものでしょう。

「そろそろ待っているのも限界だよ」とデートの別れ際にそれとなく伝えてみるのがいいかも。

焦ってあなたのことを引き留めてくれるかもしれませんよ……♡

「あなたといるのが一番落ち着く」

最後は、「好き」という言葉を使わずに好意を伝える方法。

その一例が「あなたといるのが一番落ち着く」というもの。“一番”という言葉を使うことで、「他の男性よりも優れている」と伝えることができ、男心をくすぐることができるでしょう。

この時に注意したいのは、あなたからは「好き」という言葉は使わないようにすること。

「○○くんのこういうところが好きだな」というように、「好き」という言葉を使うと、女性から告白してくれると思ってしまう可能性があります。

遠回しかもしれませんが、あくまでも「好き」は使わずに伝えることで、彼から告白してもらいましょう。

また、「私たちが付き合ったら、いいカップルになれるかな」と未来の幸せな姿をイメージしてもらうのも効果的な方法ですよ。

好意を匂わせることが大切かも

イイ感じなのに、なぜか告白されないのは、やはり確信が持てずにいるからでしょう。

あなたから「告白してくれたらOKするよ」という態度を取ることで、告白を助長させ、今の関係を卒業できるかもしれません。

今回紹介したセリフを参考に、男性から告白してもらえるように促しましょう!

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)