彼氏と付き合っていても、思いの大きさに違いがあると、不安になるでしょう。

両思いのはずなのに、自分ばかり好きみたいで苦しいですよね。

そこで今回は、彼氏と「恋愛の温度差」が生まれる原因をご紹介します。

両思いなのにつらい…彼氏と「恋愛の温度差」が生まれる原因

愛情表現が得意じゃない

「好き」という思いの表現方法については、いろいろな考え方があり、人によってもさまざま。

ましてや、男性と女性では大きく違ってくるでしょうから、温度差を感じているのはあなただけという場合もあります。

男性は大きな愛情表現はしない人が多いため、好きだと思っていても、それが表には出にくいもの。

表向きの表現だけではなく、何気ない言動にやさしさや思いやりが見られるかどうかまでチェックしてみると、ちゃんと彼氏の愛情が感じられるかもしれませんよ。

あなたが追いかけすぎている

彼女の好きアピールがあまりにも激しいと、男性はうれしいという気持ちもだんだんと薄れていくもの。

ちょっと引いてしまったり、窮屈さを感じたりするようになる可能性は大いにあり得ます。

「好き」という気持ちを伝えるのは大切なことですが、度を超えすぎないように注意が必要です。

また、「私のこと好き?」「私のどこが好き?」などと、彼氏に過度に愛情確認をするのも、気持ちが冷めていく原因になってしまいますよ。

あなたが恋愛を優先しすぎている

あなたが恋愛を優先しすぎている

なによりも恋愛が大事で、恋愛が全てのような状態になっている女性は、どうしても彼氏との温度差を感じやすいです。

男性はやはり仕事をいちばん大事にする人が多く、なかなか恋愛を最重要視はしないもの。

その時点でもう差は生じているので、そこを埋めようとするのはさすがに難しいでしょう。

恋愛を重視するあまり、依存するような形になってしまうと、彼氏はどんどん窮屈になります。

温度差は大きくなる一方なので、「恋愛だけ」にならないようにすることが大切ですよ。

相手に期待しすぎている

相手へ求めるものや期待することが多くなっていくと、彼氏にのしかかるプレッシャーも大きくなります。

それは確実に重荷になるので、あなたと一緒にいることがつらくなっていくかも。

「こうなってほしい」「こうしてほしい」「わかってほしい」「察してほしい」などと思いすぎるのは、押しつけでしかありません。

それではひとりよがりな恋愛になってしまうので、相手の気持ちも考えられるようにならないと、温度差がなくなることもないでしょう。

温度差が開く原因を探って

温度差があまりにも大きくなると、交際を続けることも難しくなるかもしれません。

なにより、あなた自身がつらくなりますよね。

そうなってしまう前に、原因を探って対処をしていくことが重要になってきますよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)