せっかく男性から「この子いいな」と思われていたのに、彼に送ったとあるLINEで一気に脈なしに転落してしまった。

こんな経験がある人も、どうやらいるみたい。とても悲しいし、もったいないことですよね。

思ったことや感じたことをすぐに送れる便利なツールだからこそ、そのままの気持ちを率直に書きすぎて送ってしまうと相手に引かれる原因になることがあります。

「彼の脈なしに転落しちゃう、ダメなLINEの特徴」を参考にして、LINEの使い方をいま一度おさらいしてみましょう。

脈ありだったのに…彼の脈なしに転落しちゃう、ダメなLINEの特徴

「酔ってる」ことを報告する

「いいなと思ってた子から、いきなり酔ってまーす♡ってLINE来たことがあって……。そのテンションでいきなりLINEされてもこっちはついていけない。酔った勢いで連絡されても対応に困るし、迷惑です」(28歳/公務員)

結論としては、LINEでの酔ったアピールはしないほうがいいです。

いい感じの彼がいるときって、ついつい酔ったとき連絡したくなるもの。でも、それって男性としては迷惑と言う声もあります。

あなたがもし相手から、酔ってます報告をされた場合を考えてみてください。

なんて反応していいやらめんどくさいやらと、嬉しい気持ちにはなりませんよね。

また、「酒癖が悪いのかな?」と疑われる場合も。酔っている勢いで男性に連絡をする女性を、あまりよく思わない男性も多いようです。

男性は酔った勢いで色々な男性に連絡をする女性に対して、軽い印象を受けます。

長文での愚痴をいきなり言う

「普段はひと言程度の量のやりとりがほとんどなのに、急に長文が送られてきたんですよ。しかも、仕事での愚痴でした。言いたいことは分かるし、誰かに言いたい気持ちも分かるけど、いきなり長文でのLINEで正直怖かったです。ストレス爆発したら、こんな感じなんだって」(26歳/企画職)

感情が爆発したときに、LINEで急に長文を送ってしまっていませんか。

自分の考えを一気に伝えたくなる気持ちも分かりますが、そんなLINEを急に受け取ったら、男性は怖いと感じるんだとか。

愚痴を言いたくなったり、誰かになぐさめて欲しいときは誰だってありますよね。

そんなときには「愚痴ってもいいかな?」と、LINEでワンクッション置くのがベターです。

長文をいきなり送ったら引かれる、かと言って愚痴は聞いてもらいたい。そんなときはまず「愚痴りたいことがあるんだけどいいかな?」と前もってLINEを送っておくといいでしょう。

いきなりの長文ではないというだけでも、男性に与える恐怖感は変わってきます。

また、長文になりそうなら通話で話す方法も。長い文という「目に見える形」で愚痴LINEを送ってしまうくらいなら、電話をして話したほうがいい場合もあるでしょう。

彼に時間がつくれないようなら、前述のように愚痴っていいかなLINEをしてみてください。

もちろん、電話の前にもひと言LINEを入れるのが大事な気遣いですよ。

親のことを悪く言う

親のことを悪く言う

「親とケンカしたとか、ジジイ、ババアって呼ぶとか。LINEで送られてきたときに一気に冷めました。そもそも親のことを悪く言うってどうなの?親のことはいつまでも大切にしてほしいし、ケンカしたってちゃんと仲直りしてほしいです。

結婚とか考えたら向こうの親とも関わり合いが出てくると思うので、将来のことも考えてそういう子とは交際できないですね」(30歳/研究職)

親と仲が良い人ばかりではありません。同居していてケンカをしたり、同居していなくても久々に連絡をとってなにかと意見が合わなかったりと、親とうまくいかないことだってあります。

でも、そんなことをついLINEしてしまうのは危険です。

もしも「今後付き合うとしたら」、そして「結婚することになったら」、そんな将来のことを考えたら親との関係性は、できれば良いものでありたいですよね。

親とのケンカ話や不仲だという話は、男性からしたら一気に交際を考え直すキッカケになってしまう地雷トークとも言えます。

将来に不安を与えてしまうようなLINEは、送らないほうが無難です。

印象のいいLINEを心がけて

女性的には何も悪いことを言っている自覚がなくても、受けとる男性側にしてみれば「この子と付き合うのはやめたほうがいいな」と思ってしまうことがあります。

脈ありから脈なしに転落なんてもったいないこと。順調に彼の彼女の座をゲットできるよう、印象のいいLINEを心がけてみてくださいね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)