「デートまではできるんだけど、そこから次につながらないんだよね……」という、恋活・婚活中の女性は多いようです。

でも、なぜ次につながらないのか謎ですよね。

飲み会で盛りあがったり、デートにも誘われたりしたのに、交際にならない場合。

もしかしたらあなたが相手の心を冷ましてしまっている可能性も。

そこで今回は、恋が成就する前に壊れてしまう原因をご紹介します。

盛り上がったのに…お付き合いに発展しない原因って?

どうでもいい連絡が多い

「連絡魔の女性が無理。普段忙しいし、そんなにLINEも好きじゃないから、どうでもいい連絡がたくさん来ても返信に困る……。
付き合ったら毎日2、3通は送るけど、交際前は基本デートの予定を決めるときや、デート当日くらいしかやりとりしない」(30代・IT)

密に連絡を取って距離を縮めたい!と思っても、男性のなかにはLINEが苦手という人もいます。

そういう人にたくさんLINEを送ってしまうと、仲良くなれるどころか距離ができてしまうことも。

良い人を演じているのがバレバレ

「自然体じゃなく演じているのって、なんとなくわかるよね。
デートとかで一生懸命良い人を演じているのがわかると、嘘をつかれている気分。
そういう下心的なのがあるとわかっていて付き合う人なんかいないでしょ」(30代・コンサルタント)

誰だって好きな人には好かれたいもの。

ただ、好かれるべく無理に偽りの自分を演じてしまうと、彼も心を開きにくくなるし、あなたの印象も悪くなるしで恋に発展しにくいかも。

結婚結婚うるさい

「交際前から『早く結婚したいな』『最近周りが結婚ラッシュで』など、結婚結婚うるさいと、好きになれる人を探しているんじゃなく、最速で結婚できる人を探しているような感じがする……。
結婚を焦っている人って、そもそも魅力的に見えないんだよね」(30代・不動産)

結婚願望がある男性なら、結婚結婚うるさくても重くは感じないでしょう。

しかし、まだ結婚願望がない男性に結婚結婚うるさくしてしまうのは、彼の恋心を冷ますだけなので気をつけたほうがいいですよ。

母親みたいな言動が多い

母親みたいな言動が多い

「見た目や中身がオカンみたいなタイプって苦手だなぁ……。
可愛く感じないというか、ドキドキしない。ドキドキしないとやっぱり付き合いたい!と思わないよ」(20代・保険)

オカンみたいな女性が好きって男性もいるのでなんとも言えませんが、恋ってトキメキが大事ですからね。

意中の彼と恋仲になりたいのなら、オカンっぽくなりすぎないようにしましょう。

奢られるのが当たり前になっている

「最初からこっちも奢る気でデートしてるけどさ、『女性は奢られて当然』とか『デート代は男性が出すもの』的な感じが漂っていると、なんかなぁ……。
性格悪く感じて萎えるな」(30代・自営業)

いままでの恋愛で男性に奢ってもらってばかりの恋愛だと、デート中財布を出さないのが当たり前になってしまう人もいるでしょう。

でもそれでは最初から奢る気の男性でも、気持ち良く奢れませんからね。

出す気でいたほうがいいですよ。

交際前はデリケート

交際前って些細なことで冷めがちです。

無意識のうちにやっていることが、気づいたら男性の気持ちを冷ましているかもしれません。

ご紹介したような言葉や振るまいには気をつけましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)