とってもいい子で女性人気は高いのに、男性からはあまりモテない。

不思議な現象ではありますが、実際はこのようなケースもよくあります。

今回は、「女性からは人気だけど男性からは好感度が低い女性の特徴」を紹介します。

対処法も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

同性からは人気だけど…男性からは好感度が低い女性の特徴って?

リア充タイプ

「友だちが多そうで俺なんか入る隙がなさそう」(機械関係/33歳)

リア充、すなわち「現実の生活が充実している」タイプの女性です。

友だちが多く、プライベートを満喫している人が当てはまります。

とても楽しそうに見える一方、あまりに生活が充実しているために、彼氏の入る隙がないと思われているようです。

たまには1人で過ごす姿を見せたり、「彼氏との時間が一番大事」とアピールしたりしましょう。

いろんな姿を見せることで、彼からの印象は良くなるはずですよ。

バリキャリ・タイプ

「しっかりしすぎていて、こちらのルーズなところを怒られそう」(営業/30歳)

「完璧すぎて近寄りがたいです」(経理/32歳)

バリキャリとは「バリバリキャリアウーマン」の略で、その名の通り仕事をバリバリこなすタイプの女性です。

サバサバした美人も多いので、女性なら憧れることも多いでしょう。

しかし、男性からするとバリキャリの女性は「美人で仕事もできて全てが完璧」と映ってしまいます。

結果として「高嶺の花」認定をされるので、男性は近寄りづらく思うようです。

ときには男性に甘えたり頼ったりして、ギャップを与えてみましょう。

SNS大好きタイプ

SNS大好きタイプ

「ふとしたきっかけで俺のこともさらされそう……」(36歳/銀行員)

「顔出ししてるのがなんか心配」(35歳/公務員)

TwitterやInstagramでオシャレカフェの写真や日々の思い出写真をアップするなど、SNSが大好きな女性は多いです。

ある意味彼女の生活がよくわかるので、安心できるようにも思えます。

しかし、SNSに馴染みのない人や良くないイメージを持つ人にとっては、SNS好きな女子に不安を感じてしまうようです。

プライベートな内容を発信する場合は、鍵アカウントにするなどの工夫をしましょう。

きちんと節度を守って楽しんでいることを伝えてくださいね。

わずかな工夫が大きな変化に

男性がこういった意見を持っているからといって、自分の生活や考え方をガラリと変える必要はありません。

あくまでも、少しだけ工夫をつけ足してみる。

それだけで、男性が抱いている心配や不安は払拭できるはずです。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)