「何度かデートをしているのに、彼と交際にまで発展しない」という悩みを持つ人は少なくありません。

こういった悩みを抱えている人は、もしかしたら「相手を疲れさせる女性」になっている可能性があります。

思い当たることがある場合は、まず会話を見直してみましょう。

今回は、男性を疲れさせる女性がよくする会話を紹介します。

「しんどいな…」男性を疲れさせる女性がよくする会話のタイプ4つ

価値観の違いを感じさせるタイプ

彼が理解しにくいような物事にお金と時間をかけている女性は、男性との価値観が合わないでしょう。

男性にはなかなか理解されないことですが、美容にたくさんのお金をかけていることは、伝えないほうが得策です。

「そこまでしなくてもいいんじゃない」と思われてしまったら、男性は価値観の違いを感じてしまいます。

彼との共通点などをよく調べて、「価値観が合う」と思わせるようにしてくださいね。

自己主張ばかりをするタイプ

「私が」「私は」など、とにかく自分の話ばかりする人は要注意です。

トーク力がある人の場合、話上手で場が盛り上がる可能性もあるでしょう。

しかし、毎回そういった会話になってしまうと、彼は確実に疲れを感じてしまいます。

自分の話ばっかりするのではなく、相手の話に耳を傾けることを徹底しましょう。

ただ、「オレは喋るの苦手だから、女の子にたくさん喋ってほしい」というタイプの男性とは、相性が良いようですよ。

話が盛り上がらないタイプ

話が盛り上がらないタイプ

会話は自分と相手がいて成り立つもので、いわばキャッチボールです。

彼は自分から始めた会話が盛り上がったり、あなたがじっくりと話を聞いてくれたりすれば、とても喜びます。

一方、「この子あんまり楽しそうじゃないな」と思わせてしまったら、彼は失望するでしょう。

話が盛り上がるかどうかは、とても重要なポイントなのです。

あなたから会話を始める場合、どうすれば会話が盛り上がるのか考えることが求められます。

そこまで気遣いができる女性はモテやすいですよ。

空気が読めないタイプ

彼が「TPOに合わせてほしい」と思っていても、マシンガントークをしてしまったり、デリカシーのない発言をしてしまったりするタイプ。

学生でも社会人でも、空気の読めない相手と会話をするのは大きなストレスです。

相手の話している内容だけでなく、表情やしぐさなどもよく確認して、空気を読める女性になりましょう。

「一緒にいて楽しい」と思わせよう

会話はお互いの相性を知るうえで大切な要素です。

だからこそ、相手を疲れさせない会話をするようにしてくださいね。

少し気をつけるだけで、「一緒にいて楽しい」女性に変身できるはずですよ。

(森野ひなた/ライター)

(愛カツ編集部)