晴れて彼と恋人同士に!

片思い中は彼と付き合うことができれば、それだけでハッピーな気がしましたよね。

でも交際したら、次の悩みが出てきます。

むしろやっと付き合えたのに思い通りにいかないことが多く、気持ちが追い付かない人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は「彼といつまでもラブラブでいるための心得」をご紹介します。

短命恋愛で終わらせない!彼といつまでもラブラブでいるための心得4つ

1.恋人だけど、すべてを支配できるわけではない

とくに交際初期は「両思い=彼のすべてを知りたい!」と先走ってしまう傾向にあります。

その結果、返信が来ないと執拗に問いつめたり、友達を優先する彼にイラついたりと束縛が激しくなりがち。

恋人同士だからといって、彼のすべてを支配できるわけではないことは肝に銘じておくべき。

それだけでだいぶ気持ちが軽くなりますよ。

2.「言わなきゃ伝わらない」と知っておく

仲が深まるにつれ、だんだん「言わなくても伝わるだろう」と思いがち。

そこからすれ違いが生じ、関係に亀裂が生じることがあります。

感謝の気持ちや「これはイヤだな」と思ったことは、その都度言葉にして伝えるようにしましょう。

また男性は女性とくらべて、不満を溜めこんでしまう傾向にあります。

ある日感情が爆発しないためにも「最近どう?」「仕事大変?」など、こまめにコミュニケーションを取るとよさそうですね。

3.最初から飛ばしすぎない

3.最初から飛ばしすぎない

短命で終わりがちなカップルは、最初から飛ばしすぎてしまう傾向にあります。

交際1ヵ月で王道デートスポットに行きつくしたり、お泊まりばかりしたり……。

そうするとドキドキも減るし、イヤなところも見えてきてしまいます。

お互いに信頼が構築される前なので、「もう冷めてきちゃったし、こんなに合わないなら別れたほうがいいのでは?」とアッサリ破局しがち。

これからたくさん思い出は作れるからこそ、ひとつひとつのデートを大切にしましょう! 

そのほうが純粋にふたりの時間を楽しめますよ。

4.尽くしすぎはほどほどに

優しい女性ほど、彼に尽くしてしまいがち。

でもどんなにかわいい子でも、過剰に尽くすと浮気される率が上がってしまいます。

どうやら彼女が手に入ったと満足してしまい、ほかに刺激を求めてしまうよう。

彼に都合よく利用されないためにも、尽くしすぎはほどほどに。

対等な立場でいたほうが、いつまでもラブラブでいられますよ。

高い理想を持ちすぎない!

理想と現実があまりに違いすぎると、恋が短命で終わる原因になります。

だからこそ高い理想を持ったり、張り切りすぎたりするのではなく、あくまで恋愛は日常の一部と捉えることが大切。

彼中心の生活にせず、LINEはできるときにする。

四六時中一緒にいるのではなく、休日だけ2人ででかけるなど……自分の時間を持ちつつ、彼との交際を楽しんでくださいね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)