基本フラれ体質で、デートをしても交際に発展しない……。

そんな人は、もしかしたらマジメすぎるのかもしれません。

あなたが正論ばかりを押し付けてしまうと、彼は息苦しく感じてしまいますよ。

今回は、「正論女子」が気をつけるべきことを紹介します。

マジメすぎるのは逆効果?「正論女子」が気をつけるべきこと

「ひとりで生きていける」と思われる

「学生時代からの女友達Aは苦労人。

待っていても誰も助けてくれないと悟っているので、ツラくても自分でできることを探すタイプ。

そんな強い人間だからこそ、Aに相談すると正論が返ってくるんですよね。

俺はAの性格を知っているので冷たいとは思わないけど、男性からは結構『ひとりでも生きていけそう』って言われるみたいです」(26歳/販売)

こういった人は、「自分に厳しく他人にも厳しい」タイプと言えます。

辛い経験を経て強くなった結果、完璧すぎて孤独になってしまうのです。

正論だけが正しいわけではありません。

持論を押し付けるのではなく、まずは話を聞いてあげるだけでも、相手は救われるものですよ。

無意識に彼を追いつめる

「俺が精神的に落ち込んでしまい、半年間仕事を休んでいた時期がありました。

彼女は毎日のように『ちゃんと仕事しなきゃ』『ブランクあると雇ってもらえなくなるよ』とLINEしてきたんです。

挙句には、勝手に俺の仕事を探し出す始末。

もちろん彼女の言うことは何も間違っていない。

けど、そうやって前向きに行動できていたら苦労しませんよ。

彼女といるのが苦しくなって、別れちゃいました」(29歳/会社員)

正論は、時に相手を追いつめてしまいます。

「どうせ俺はダメな人間なんだ」と感じ、彼はさらに落ち込んでしまうかも。

まずは彼に寄り添って、理解することが大切です。

白黒はっきりしすぎる

「彼女は白黒はっきりしないと気が済まないタイプで、『中間』がないんですよね。

好きなものは好きでいいんだけど、嫌いなものは極端なぐらい嫌いになる。

それが人間関係に影響することもたくさんあるし、敵を作ってしまうこともあるようです。

なかなか付き合いにくいなって思いますよね」(25歳/営業)

正論女子は、0か100かのように白黒はっきりする人が多いようです。

決して悪いことではありませんが、「中間」を選ぶことが重要なこともあります。

柔軟な考え方ができるように意識してくださいね。

自分の考えだけを押し付けない

人は完璧ではないからこそ、正論が相手を傷つけることもあります。

自分の意見や最善策ばかりを押し付けるのではなく、彼の立場にたって物事を考えましょう。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)