ある程度交際の期間が長くなると、同棲を考えるというカップルも少なくないでしょう。

いっしょに暮らすようになり、お互いがいままでとは違う一面を実感するはず。よい部分がたくさん見られるのはうれしいでしょうが、悪い部分がたくさん目に入ってしまうと不要なけんかをすることにもなります。

けんかを最低限に抑えふたりが幸せな関係で同棲を楽しむために、今回は「同棲カップルが、幸せな関係を維持するための秘訣」をご紹介します。

同棲カップルが、幸せな関係を維持するための秘訣って?

ひとりの時間を、お互いが確保する

同棲すると自分のプライベートな時間がなくなり、ストレスが溜まったりイライラしてしまったりして同棲生活を楽しめないことがあります。

同棲する前に、この部分の問題をどうするか決めておくといいかもしれません。

たとえば近くに公園や喫茶店があるならそこを利用する手もありますし、お互いに違う趣味を持っているならそれには干渉しないことをルールとして決めてもいいでしょう。ほかにも、間取りにこだわってお互いの部屋を持つこともおすすめです。

プライベートな時間があったほうが、相手との時間をいっそう大切にできるでしょう。

お金関係のルールを決める

同棲するにあたり、現実的な問題も避けては通れません。お金に関することは、代表的なひとつです。

家賃や生活費の支払いをどうするかでけんかはしたくないはず。

そのため、ふたりで共有する口座やお財布を持っておくといいかもしれません。

そこに毎月これだけのお金を入れると決めて、そこから家賃や生活費を使うようにするのがおすすめ。

余ったお金は来月に繰り越してもいいですし、ふたりのデート代にしてもいいでしょう。

同棲期間を設ける

同棲期間を設ける

同棲してみるとお互いに馴れ合うだけの関係になってしまい、緊張感のない生活を送ってしまうことがあります。

いつまででも同棲することができるからこそ、なんとなく生活してしまっていることが原因かもしれません。

そこで同棲する前に、期間を設けてみることをおすすめします。

「2年間いっしょに住んでみようか」と決めておき、2年後に同棲を解消するか同棲をつづけるか、もしくは結婚するかはそのときに話し合えればいいでしょう。

ある程度の緊張感を持って生活をするために、時間的なリミットをお互いが意識してみてください。

マンネリ回避のための努力をする

いっしょに生活するということは共有する時間が増えること。

それはマンネリ化を引き起こす原因ともなります。たとえば、部屋着でノーメイクといった状態では緊張感のない関係に。とはいっても、毎日おしゃれをしてバッチリメイクをするのは大変です。

そこで軽いメイクにかわいい部屋着を身につけるような、ラフだけどちょっとしたおしゃれをしているように見せる努力をしましょう。

また、スキンシップを減らさないことも大切です。

記念日をはじめ大切な日にはバッチリとメイクをして、彼をときめかせることも忘れないでください。

日常らしい生活を楽しんで

今回は「同棲カップルが、幸せな関係を維持するための秘訣」をご紹介しました。

同棲は結婚後の生活に近いだけに、日常らしい生活ができるといいでしょう。

しかし、単なる日常として割り切ってしまうと失敗してしまいます。

日々の過ぎゆく日常をどれだけ大切にできるか、も意識してみてください。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)