デートを何回もして、だんだんと距離が縮んできた男性。仲良くなってきたから「もうそろそろ告白されるかも」と思いきや、相手からは告白する素振りがいっさい見えてこない。

こんな経験をしたことがある女性は、いませんか。こちらは付き合う準備ができているのに告白をされないとしびれを切らしそうですし、不安にだってなってしまいそうです。

そんなとき、男性はいったい何を考えているのでしょうか。

今回は「デートを何回しても、告白してこない男性の本音」を紹介します。

遊ばれてるの…?デートを何回しても、告白してこない男性の本音とは

付き合ってからうまくいくイメージが沸いていない

気になる人ができたり、好きな人ができるとその人とどんな恋愛になるのかを脳内でシュミレーションすることってありますよね。

男性もそれは同じで、「どんな恋愛になるのか」をイメージできないとなかなか告白に踏み切れない状態に陥ってしまいます。

たとえばサバサバしている女性に対して、「付き合ったらイチャイチャしてくれるのかな?」とか「束縛気質って言ってたけど大丈夫かな?」と不安になることもあるんだとか。

そのため、付き合う前はあまり自分の欠点には触れず、「恋人とはこんなことしないな」といった未来志向の話をして恋愛の姿をイメージしてもらうといいでしょう。

相手が脈ありなのか確信を持っていない

恋愛において男性から告白するのが一般的となってはいるものの、告白するのはとても勇気がいることです。

「自分から告白しなくては」と男性が思っていても、振られるのはやっぱり怖いもの。なかなか告白してこない男性は、「告白したらOKしてもらえるか」をしっかりと見極めている最中という場合もあるでしょう。

男性に告白してもらいたいなら、「デートのお誘い待ってたよ」とか「会える日を楽しみしてた」といった感じで、脈アリサインを出していくことをおすすめします。

自分の気持ちが、まだ分かっていない

自分の気持ちが、まだ分かっていない

女性は恋人に「しっかり愛してくれるか」を気にする傾向があります、男性は逆に「しっかりと愛することができるか」を気にする傾向があります。

そのため、自分の気持ちが分からず迷いが生じると、なかなか告白に踏み切れないことが多いです。

たとえば元カノの未練を引きずっているとか、LINEのやり取りをしている女性がほかにもいるとか。ある意味、「俺、この人のことが好きなんだな」と気づくのが遅いのかもしれません。

そのためデート中に手を繋いでみたりちょっと連絡をしない時期をつくってみたりと、押す時期と引く時期を意識して彼を揺さぶってみることをおすすめします。

相手からの告白を待っている

草食系男子という言葉が一般的になったことでも分かるように、恋愛に対して積極的ではない男性も増えました。

最近は自分から告白するのを避けて、女性から告白してくるのを待っている男性もいるんだとか。「あっちから告白してくるかもなあ」と、男性に思われてしまっていることが原因と考えられます。

そのため「付き合うときは男性から告白してきてほしい」と事前に伝えておいたり、「私からは告白しない」と恋愛のスタンスを明確にしておくといいでしょう。

男性に「好き」とストレートに伝えると、「この人は告白してくる」と思われてしまうので気をつけてください。

あまり急かしすぎないで

なかなか告白してこない男性は、慎重に恋愛をしたいタイプが多いです。

あまり急かしすぎると恋愛に対する温度感が合わないと感じられ、男性に離れられてしまうこともあるので注意してください。

さりげなくアピールしていくのが、丁度いいかもしれません。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)