気になる彼を振り向かせたい、または彼氏をもっと夢中にさせたいと悩むことはありませんか?

彼にそう思ってもらうには、「楽しい」「ずっと一緒にいたい」と思ってもらうことが大切でしょう。

気持ちが安定していてハッピーなオーラで溢れている女性は、一緒にいて元気をもらえますよね。

そこで今回は、「ご機嫌な女性」になるためのテクニックをご紹介します。

彼を夢中にさせるには…「ご機嫌な女性」になるためのススメ

ドタキャンになっても怒らない

「デートの約束を仕事でドタキャンしてしまって……。『これは絶対怒られるだろうな』と思ったら、『じゃあ次は○○さんが奢ってくださいね!』と返信が。

その瞬間『この子好きかも』って思いましたね」(27歳/商社)

前々から予定していた約束をドタキャンされたら、イラっときますよね。

でもここで怒ったところで、時間は戻ってきません。

彼が謝っているのなら、仕方ないと割り切ることも大切です。

女性が明るく接してくれたら、彼も救われた気持ちになるでしょう。

怒っても仕方がないのに、むしろフォローしてくれる彼女が、すごく「イイ女」に思えるみたい。

あまり難しく考えない

「彼女はどんなデートでも、基本イライラすることがない。前にデートで大雨が降ってきたときも、キャッキャとはしゃいでいました。

彼女を見ていると、俺の悩みがちっぽけに思えます」(28歳/メーカー勤務)

いつでも感情が安定していて、小さなことからも楽しさを見出す女性。

とくに、トラブル時にはそのポジティブさに救われるのではないでしょうか。

これは「嫌いになるわけがない」と言っても過言ではないかも。

「女性は突然不機嫌になるから困る」と思っている男性も多いので、いい意味で「わかりやすい女性」と出会えたら、手放したくないのは当然なのかもしれませんね。

グチや怒りは楽しいことで発散する

「元カノは悩みがあると、とにかくグチが止まらないタイプだった。でも今カノは楽しいことでストレス発散したいようで……。

『グチっている時間がもったいない!』『気晴らしにオンラインゲームに付き合って』と誘ってくるのでかわいいですね」(32歳/人材)

ツラいことも日々たくさんあるかと思いますが、それをグチや怒りで発散するのではなく、楽しいことでカバーしていく方法もありますよね。

彼に怒りをぶつける前に「今日はお酒飲んじゃおう!」とか「いつもより長めにゲームしよう!」など、自分のやりたいことを考えてみましょう。

そうするとイライラしている時間がバカらしく感じられて、比較的早くゴキゲンに戻れるはず。

ご機嫌に過ごすと周りも明るくなる!

いつの時代も周りをパッと明るくするような女性はモテるものです。

なによりご機嫌だと話しかけやすいというメリットがあるので、男性も気兼ねなく接してくれるはず。

彼を夢中にしたかったら、まずは自分が毎日を楽しむことが大切なのかもしれませんね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)