異性と話すとき、必要以上に緊張してしまうという人は多いのではありませんか。

まったく緊張しないのがよいことなのかは置いておいて、緊張するとせっかくの時間も思うように楽しめませんよね。

あなたの緊張が相手に伝わってしまうと、相手も楽しめなくなってしまい、それ以降のデートの機会がなくなるなんてこともありえます。それは避けるべきでしょう。

そこで今回は「男性に楽しく話してもらうためのコツ」を、3つのポイントに分けて紹介します。

ポイントは、この3つ!男性に楽しく話してもらうためのコツ

質問することと聞くことに徹する

「恥ずかしくてうまく話せない……」というのなら、無理に自分から話さなくても大丈夫。会話って、相手に質問することと、相手の話をきくことを意識するだけで成立するものなんです。

とはいえ、ただ彼の話にうなずくだけではダメ。話を聞くときはしっかりと表情を変化させて、リアクションをとりましょう。そうすることで感情が伝わり、彼も話しやすくなります。

たとえば悲しい話やつらい話のときは、物静かな面持ちで。楽しい話や自慢話なら明るい表情で聞くだけでも、会話に深みが出るはずです。

また彼の趣味が旅行なら、単に「素敵な趣味ですね」と感心するだけでなく「いままで行った国で一番思い出に残っている国はどこですか?」と掘り下げて聞いてみましょう。

たったひと言添えるだけでも、彼からしたら楽しい会話になるんです。

質問上手の聞き上手になれば、「話していて楽しい人」と好印象を抱いてもらえるはずです。

笑顔をつくる

緊張すると表情は硬くなります。硬い表情では相手にも緊張がうつるし、「俺との会話、つまらないのかな?」と勘違いされてしまうことがあるかもしれません。

もし緊張していても、意識して笑顔を心がけましょう。

人は相手が笑顔だと、つられて自分も笑顔になるもの。笑顔になればリラックスして話しやすくなる上、場も和むはずです。

何を話すかあれこれ話題を考えるのもいいですが、まずは笑顔で場を和ませましょう。

素直に褒める

素直に褒める

褒められて嫌な気分になる人なんて、めったにいません。

褒められたら「いやいや、そんなことないよ」と謙遜しつつも、心のなかではうれしい気持ちでいっぱいになっているはずです。

彼が過去の経験や功績などを話しているときは、できるだけ「努力家ですごいですね!」「多少のトラブルなんて関係ないんですね!かっこいい!」など、相手そのものを褒めてあげてください。

それだけでも、あなたの株は爆上がりするはずです。

話していて気分がいい相手にはやっぱりまた会いたくなるし、自分を認めてくれる人を好きになりやすい傾向もあるんだとか。男性の恋愛温度を上げたいのなら、「褒める」は外せません。

聞くことに徹すればOK

男性から「また会いたい人」と思ってもらえる女性は、基本的に相手に寄り添って男性の好きなことを気持ちよく話させているようなタイプです。

緊張してうまく話せない、恥ずかしくて言葉が出てこないという場合。聞くほうに徹して、話すのは少しでも大丈夫でしょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)