男性と楽しく喋っていたかと思えば、彼が急に黙り込んだり悲しそうな表情になったりしたことはありませんか。

そんなときって、じつは男性が「なんか嫌だな」と感じている場合が多いのです。

あなたにそんなつもりはなくても、何気ないひと言に対してそのように感じる男性もいるみたい。

「男性が『嫌だな』と感じる、女性の何気ないひと言」を参考に、自分の言動に気をつけていきましょう。

男性が「嫌だな」と感じる、女性の何気ないひと言って?

「何か面白いことないかなあ」

「同じゼミの子が気になってるんですけど、彼女の口癖が『何か面白いことないかなあ』なんですよ。言われるたびに、『俺といてもつまらないの?』って地味に落ち込んじゃって、恋愛関係へいまいち踏みだせません……」(21歳/大学生)

時間を持て余しているときなど、つい何気なく「何か面白いことないかなあ」と言ってしまいがちですよね。

グループで話しているときなどは、話のきっかけをつくるのにはいいかもしれません。

でも、相手とふたりだけでいるときに言うと、「あれ?この時間は楽しくないの?」という気持ちにさせてしまうこともあります。

「最近面白いことあった?」と聞いてみたり「面白そうなイベントとか知ってる?」と聞いてみたりすると、話も広がって盛り上がるでしょう。

「信じてるから」

「転勤が決まって彼女と遠距離恋愛になりました。彼女が『(浮気しないって)信じてるから』というたびに、プレッシャーに感じます。浮気なんかする暇もないし興味もないのに、あまりに言われると逆に不信感持たれてるのかなってしんどくなりますね」(26歳/営業)

自分の信頼感を伝えるために「信じてるからね」と男性に伝えることは多いかもしれません。

ただ、何度も使ってしまうと、逆にプレッシャーに感じる男性もいるようです。

実際「信じてる」という言葉は、重みのある単語ですよね。

ここぞというときに一度だけ言ったり手紙のなかで使ったりすることで、相手も「自分への信頼に応えよう」という気持ちになるのではないでしょうか。

「期待してるからね!」

「期待してるからね!」

「同い年の彼女とはお互い仕事の失敗話とかもするんですけど、『〇〇君の実力を私は知ってるから!期待してるからね!』とか言うんですよね。励ましててるつもりなんだろうけど、『いまの俺じゃダメなの?』ってちょっと苦しくなっちゃう」(27歳/公務員)

相手を励ますために「期待してるよ!」というひと言を使うことがあるかもしれません。

しかし、場合によっては「いまのあなたには満足していないけれど、今後のあなたには期待してるよ」という意味にとられることもあるので要注意です。

好きな女性からは「ありのままの自分を認めてほしい」という気持ちを持っている男性は多いもの。「〇〇君ならできるよ」「いつも頑張ってるね」など、別の言葉で励ましててみてはいかがでしょうか。

言わなければ、相手との距離がもっと縮まる

「信じてるから」「面白いことないかなあ」など普段何気なく使いそうなひと言に、深く傷ついたりもやもやししたりする男性は少なくないようです。

相手の様子が何か変わったことに気づいたら、自分の言葉を振り返ってみましょう。

「もう言わない!」と意識して今後使わないようにすると、きっと相手との距離がもっと縮まりますよ♡

(愛カツ編集部)