大好きな彼に会えない期間が長くなると、不安になったりイライラしてしまったり……。

LINEは表情がわからないからこそ、言葉のすれ違いが起きやすいかもしれません。

そこで今回は、彼氏と会えないときに使いたいLINEテクニックをご紹介します。

もっとラブラブ!彼氏と会えないときに使いたいLINEテクニック

してもらった喜びを伝える

「自分がしてあげたことを彼女がちゃんと覚えてて、嬉しかった!とか言われるとかわいくて、またいろいろしてあげたくなっちゃうかな」(23歳/ショップ店員) 

してもらえてうれしかったことを、小さなことでもいいので思い返して伝えてみましょう。

自分のしたことを喜んでもらえると、彼も愛おしく思ってくれるはず。 

感謝の気持ちをきちんと伝える

「ありがとうとか感謝の言葉って、人間関係の基本だから。普段からそういう言葉使ってる子はLINEとかでもさらっと伝えてくれて、ああ、いい子だなって改めて思いますね」(28歳/会社員) 

相手にしてもらって当たり前になって、「ありがとう」を伝え忘れていませんか?

心のなかではちゃんと感謝している、その都度態度で示してきた、という人もあえてLINEで伝えてみましょう。

「〇〇のおかげだよ、ありがとう」と言われてうれしくならない男性はいません!  

彼のために頑張っていることを伝える

「自分磨きを頑張ってる女性は素敵だなと思います。それが彼氏のためだと思うとなおさら。

会えなくて寂しい思いをさせてるのに、前向きに捉えてくると、さすが俺の彼女って惚れ直します!」(30歳/自営業) 

会えない間に喧嘩が増えてしまった人は、自分の負の気持ちを彼にぶつけるのは控えましょう。

代わりに、ポジティブなイメージのLINEを心がけましょう。

「〇〇のためにダイエットを頑張っているよ!」「〇〇の好きな料理を練習しているよ!」など、会えない時間も自分のためにステップアップしている彼女の姿に、彼が惚れ直すこと間違いなし。

定番だけど、「会いたい」

「素直に甘えてこられると、弱いです。実際に応えられるかは別として、会いたいって言われたら、俺もだよ!って。

あんまり我慢されすぎると、俺なんかいなくても平気なんだなーって逆に不安になります」(25歳/美容師) 

たまには素直な本音を伝えるのも大切です。

「会いたい」と伝えることで重くなって関係が悪化するのが不安……という人も、たまになら我慢せずに彼に甘えてみて!

彼女に甘えられて彼はデレデレになっちゃうかも。

彼が喜びそうなことを意識してみて

会えない時間のLINEは、不平不満は一旦ストップしましょう。

彼が喜んでくれる、もっとあなたに夢中になってくれるような言葉選びを心がけてみてください。

頑張っている彼への思いやりの気持ちを大切にして、会えない間も彼の心をしっかり掴んでおきましょう! 

(愛カツ編集部)