好きな男性ができたら、自分のことを特別な存在だと思ってもらいたいと考える女性は多いでしょう。

ただ好きになってもらうだけでも十分かもしれませんが、「この子は、運命の相手かもしれない」なんて思われたら、付き合ったあともきっと相性ぴったりで楽しい時間が過ごせそうです。

そこで今回は「女性に言われると、運命を感じるひと言」を紹介します。

次のページから、具体的に見ていきましょう。

男性のテンション爆上がり!女性に言われると、運命を感じるひと言3選

「いまね、同じこと思ってた」

「会社の同僚と話してたら『私もいまね、同じこと思ってた』とか『それ言おうと思ってたの!』って言われて話が盛り上がりました。それまでは意識してなかったんですけど、『気が合うな』と感じ始めて、今度食事にでも誘ってみようかなって思ってます」(30歳/建築)

彼から特別視されたいときは「それ言おうと思っていた」「まったく同じこと思ってた!」など、考えが似ていることをアピールするのは効果的です。

自分の意見を肯定してもらえたと好印象を抱くだけでなく、「気が合うのかも?」と恋愛モードであなたのことを見直すきっかけになるでしょう。

相手が年上の場合は、「おっしゃる通りですね」「本当に同じ意見です」など、自分も同じ考えを持っていることを工夫して伝えてみてはいかがでしょうか。

「ちょうど会いたいと思ってた」

「前から仲の良い女友達がいるですけど、何気なく『最近どう?元気?』って電話してみたんですよ。そしたら『びっくり!ちょうど〇〇君に会いたいと思ってたら連絡くれた!』って喜んでくれて。『俺の運命の相手ってこの子じゃん……』って思っちゃいましたね」(26歳/医療関係)

「会いたいと思ってたら連絡くれた!」と言われると、自分と同じ時期に相手も自分のことを考えてくれていたんだ、と運命を感じてしまう男性は多いのかもしれません。

好きな男性から連絡がきたら「連絡をくれて嬉しい」と素直に喜ぶことは大事です。

喜ぶことに加えて、「私も会いたかったの」「ちょうど私からも連絡しようと思っていたところ」という言葉をつけ足すと相手もドキッとするでしょう。

「私も同じものが好き」

「私も同じものが好き」

「友達の紹介で会った子なんですけど、話してみたら『私も同じもの好きなんですよ~』って言ってて。好きなものが似ていることが分かって、一気に親近感が湧きましたね。自分、映画が好きなんですけど、今後いっしょに行く?って自然とデートにも誘えました」(27歳/流通サービス)

趣味嗜好が合う女性に、「気が合いそうだな」や「運命だな」と感じてしまう男性は少なくないようです。

相手が同じものに興味を持っていることを知ると親近感がわき、男性のほうからも一歩踏み出しやすいそう。

この言葉ひとつで、恋愛モードの関係が一気に進む可能性もあります。

あまり知識はなくても相手の好きなもので自分も好きそうなものがあれば、「私も同じもの好きなの!」と話しかけてみてはどうでしょうか。

ふたりの関係が前進しますように

男性が思わず運命を運命を感じるひと言を紹介しました。

素敵だと思う男性がいたら紹介したひと言を参考に、彼にしっくりくる言葉を選んで使ってみてくださいね。

彼のほうも「運命の出会いかも?」と感じて、あなたへの印象が変わるはず。ふたりの関係が少し前進することを祈っています♡

(愛カツ編集部)